きれいなものをより美しく、なんていう下心はとうの昔に捨てました。
by Musapoo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
木立
at 2017-11-15 18:18
色づく森
at 2017-11-08 18:13
眠れ
at 2017-11-07 22:23
Path of Autumn..
at 2017-11-06 17:07
冬は上からやってくる
at 2017-11-05 16:24
無数の色
at 2017-11-04 18:59
森の秋
at 2017-11-02 17:04
今年最後のコスモス
at 2017-11-01 21:59
夕日を浴びて
at 2017-10-26 20:53
この世界なんだよな
at 2017-10-16 16:42
見上げたら
at 2017-10-14 18:04
秋に咲く
at 2017-10-12 19:36
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1123)
(674)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(200)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(104)
(87)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: 衣紋掛け(えもんかけ≠フック) ::::::::
#0081
b0064396_17511628.jpg



この形
この材質(焼き物)

これは絶滅危惧種に近いかもしれない


気になって広辞苑で調べてみた
「衣紋掛け」とはハンバーの方らしい
私の記憶が違っていたのか
私の家族が違っていたのか
kayoさんごめんなさい
訂正します
by musapoo | 2005-01-24 17:53 | 人┬Human Works | Comments(20)
Commented by biwakokayo3 at 2005-01-24 18:38
衣紋掛けという言葉を知らない方が多いのではと思いました。
何がぶら下がっているのか気になりますね。
Commented by musapoo at 2005-01-24 19:39
>kayoさん
追加しましたが、私の記憶違いで「衣紋掛け」はハンガーの方であることが分かりました。ではこのフックはというと、日本名ではなんでしょう・・・分かりません。
Commented by datian at 2005-01-24 20:56
焼き物でこれ(フック)とは、かなり古いですよ。
プラスチックしか知りませんでした。
そのプラスチック製も取り付ける柱が無くなって来ている。
というか借家だと許可がいったりする、困ったものです。
Commented by keikono3 at 2005-01-24 21:08
うっわぁーーー、凄く懐かしいぃぃぃーーー。
存在そのものを忘れていたけど、学校の教室には必ずコレあったよぉ~。コートかけたり、給食袋かけたり・・・^^;
Commented by camby_1 at 2005-01-24 21:22
陶器でできたこれ!!
なんだかすっごく懐かしいですね~
あまり見かけたこと無いけどわずかに記憶があります・・・
musapooさん家の周りには懐かしいものがたくさんありますね~
Commented by chinpike at 2005-01-24 21:44
陶器製ですか?
そんなの見たことない。
さらに、この掛け方。
なんかとても懐かしい。(笑)
Commented by musapoo at 2005-01-24 21:55
>datianさん
取り付けられなくなってきているんですね。う〜ん、昔の家はそういうところからもあとから色々工夫ができていいのかもしれないですね。
・・・? datianさんも知らなかったのですか・・・(^_^;)
Commented by musapoo at 2005-01-24 21:57
>keikoさんへ
ということは、keikoさんの学校も木造だったんですね!
遠い記憶の隅に忘れかけていた物件。アップしてよかったです。
Commented by musapoo at 2005-01-24 22:02
>cambyさんへ
私の家は物もちがいいみたいです。この家系の習性に女房はうんざりしているようです。
・・・単に時代に取り残されているだけなのかもしれませんね(^_^;)
Commented by musapoo at 2005-01-24 22:06
>chinpikeさんへ
どうも私のブログに足跡を残してくださる方の中でchinpikeさんが1番お若いような感じですね。
掛けてあるものを外さないで撮ったのは、この掛け方自体に年季の入り方を感じたからですが気づいてくださいましてありがとうございます。他の方には、普通の掛け方なのかもしれません・・・・ごめんなさい(・_・;) 。
Commented by 松風 at 2005-01-24 22:09 x

たしかにフックですね。
陶器のフックはアンティークでインテリアにもなって
結構使われてますが
このフックは年代物ですね~
信楽焼きですか?
Commented by musapoo at 2005-01-24 22:27
>松風さんへ
今度外して隠れているところを調べてみます。
アンティークインテリアですか。
懐かしさを雰囲気として取り入れようとしているのですね。
私の家は昔からアンティークということになりますね(^_^;)
Commented by snow_526 at 2005-01-25 01:09
この形ってすごくアイデアがありますね。二重にかけられるところとか、先が上向いて落ちない様に工夫されてるところとか。こんな小さな物でもよく見ると作った人の思い入れが見えてきそうです。
Commented by musapoo at 2005-01-25 02:05
>snowさんへ
頭がふくらんでいるとか反っているとか、落ちにくい形にしてありますよね。1本ではなく上下に2本の角があるところが、特に私は魅かれます。
子供の頃、これをおもちゃにして遊ぶときは、イの角しか思い付かなかったですが・・・。
Commented by yosikun_tetras at 2005-01-25 14:49
 どうも天候のせいらしい。そうだ、天候のせいだ。今日のブログはこの手の抽象作品が多すぎる。疲れた頭にむち打ってブログまわりの旅に出たが、そろそろ引き返さないと、寝たきり老人になってしまう可能性がある。
Commented by musapoo at 2005-01-25 20:03
>yosiさんへ
抽象作品ですか。う〜ん、どうなんでしょう。判断が難しいというのは抽象的なのかもしれませんね。
Commented by chinpike at 2005-01-25 21:29
>chinpikeさんが1番お若いような感じですね。
そんなこと絶対ないと思いますよ。(笑)
おっさんです。
Commented by musapoo at 2005-01-25 21:59
>>chinpikeさんへ
ははは、「わたし(ぼく・わし)の方が若いに決まってるじゃないか」と言っている方もいらっしゃるかと思いますので、この話題はこの辺で濁らせておきましょ(^_^;) 私の洞察力の無さが問われてしまいますので・・・。
Commented by kaho_nomi at 2005-01-25 22:15
プラスティックのしか知らないよぉ~(。^_^。) プラスティックのは好きではありませんが、これは、風流ですねぇ~形もすてきですねぇ。
Commented by musapoo at 2005-01-26 21:18
>kahoさんへ
kahoさんは少なくともトトロ世代ではないようですね。
あの映画に出てくる風景は私の子供の頃の風景でした。
映画のどこかにこのフックが出ているかもしれません・・・。
<< ピンホール現象 影と陰 >>