きれいなものをより美しく、なんていう下心はとうの昔に捨てました。
by Musapoo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
枯れ野
at 2017-12-07 17:46
エノコロ
at 2017-12-03 20:21
初冬
at 2017-12-01 17:14
at 2017-11-30 19:37
木立
at 2017-11-15 18:18
色づく森
at 2017-11-08 18:13
眠れ
at 2017-11-07 22:23
Path of Autumn..
at 2017-11-06 17:07
冬は上からやってくる
at 2017-11-05 16:24
無数の色
at 2017-11-04 18:59
森の秋
at 2017-11-02 17:04
今年最後のコスモス
at 2017-11-01 21:59
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1123)
(674)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(200)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(104)
(90)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: いつもにもどって ::::::::
b0064396_18322092.jpg


ほんと自分の行動が嫌になる時がある
せっかく土曜日は晴れたのに
写真を一枚も撮らなかった
ポッカリできた時間があったのに
車で走り回るだけ
途中で撮ろうかと思った時もあった
でもたまには写真を忘れて
夏の風景の中を走り回ろうなんて思ってしまった
だから在庫
by musapoo | 2006-06-25 18:40 |  ├In the Field | Comments(10)
Commented by biwakokayo4 at 2006-06-25 18:50
以前は毎日写真を撮っていましたが、
それだといい加減になるので・・・(笑)
近頃はカメラを触らない日も多々あります。
音楽を聴きながらのドライブも楽しいですね。
Commented by xoanon at 2006-06-25 19:57
「撮りたい」と思うときが撮り時ですけど、
なかなか気持ちと時間があわないことも多いですね。
それが続くと、滅入っちゃったり(^_^.)
Commented by kaho_nomi_2 at 2006-06-25 21:09
気分が乗るのを待つのが良いなぁと私も最近思います。撮りたいときには本当、撮りたくてたまらないですしねぇ(嬉)
Commented by musapoo at 2006-06-26 19:21
>kayokoさん、ありがとうございます。
毎日撮っているといい加減になるってこと、なんとなく分かります。
私も惰性で撮っているような感じになってしまいます。
今回は珍しく音楽を聞かずに、ずっと口ずさんで走ってました。
Commented by musapoo at 2006-06-26 19:22
>xoanonさん、ありがとうございます。
撮りたい時に限って時間がなかったりして・・・
自分の中で何かが熟成しないと撮れない時が波のようにやってきます。
Commented by musapoo at 2006-06-26 19:24
>kahoさん、ありがとうございます。
撮りたい時は、というより撮りたいものがどんどん見つかって、悩むこともなく撮影できるのですが、そんな時を待つのがいいかもしれません。
Commented by koya1484 at 2006-06-26 20:49
たまには、写真を忘れるのもいいですよね。
また、新鮮に撮れますよね。
Commented by datian at 2006-06-26 21:03
あります、あります。
リュックに重たいカメラ一式を入れて会社に出勤して昼休みに
撮ろうと思ってはいたがその気がなくなり、午後から仕事して
またリュックを背負って帰宅する、「俺はなにをしてるんだ」と
よくあります。
Commented by musapoo at 2006-06-26 21:52
>koyaさん、ありがとうございます。
気持ちをリセットしないと撮れない時ってあるんですよね。
同じような写真が続くと、そうなりやすいです。
花の写真が多くなってきたので、こういう状態になったのかもしれません。
Commented by musapoo at 2006-06-26 21:55
>datianさん、ありがとうございます。
車にいつも運び込んで、結局撮らずに家に持ち帰る。
そんな日はしょっちゅうです。
それなのに持ってないと落ち着かない。
カメラを家においていくと言うのは、ぼくにとっては一大事かもしれません。
<< 花を咲かす 3本の画角になれよう3 >>