きれいなものをより美しく、なんていう下心はとうの昔に捨てました。
by Musapoo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
枯れ野
at 2017-12-07 17:46
エノコロ
at 2017-12-03 20:21
初冬
at 2017-12-01 17:14
at 2017-11-30 19:37
木立
at 2017-11-15 18:18
色づく森
at 2017-11-08 18:13
眠れ
at 2017-11-07 22:23
Path of Autumn..
at 2017-11-06 17:07
冬は上からやってくる
at 2017-11-05 16:24
無数の色
at 2017-11-04 18:59
森の秋
at 2017-11-02 17:04
今年最後のコスモス
at 2017-11-01 21:59
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1123)
(674)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(200)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(104)
(90)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: 秋雨 ::::::::
b0064396_1646481.jpg


リアハッチを屋根代わりにして撮影
さすがにこの時だけは車を降りなければならなかった
半袖シャツではちょっと涼しすぎた



◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇
やってしまった(^_^;)
当初の計画にはなかった物を
安さにつられて購入
EOS-55のAEと僕の感覚は
けっこうマッチしていて
露出を大きく外すことが少なかった
でもピントについては
AF機だけにちょっと不満があった
それが購入する後押しになってしまった
167MTが予想以上の値段だったので
ついつい手を出してしまったのだ
Contaxが事業から撤退し
故障したらそこまでだし
フルサイズのデジを数年後に購入した時
マウントの問題で使わなくなる可能性が高いのに
これはむだ遣いなんだろうかと何回も自分に問いかけながら
それでもMF機で撮りたいという思いが勝ってしまった

レンズを買う時も何でもそうだけど
買った事で生活を大きく変えたいという気持ちは
年を重ねる毎に少なくなってきている
これがあると何か大きく変われるんじゃないかという変身願望?
以前、パソコンを2年おきに購入し
OSやソフトの新しいバージョンが出るたびにバージョンアップを繰り返していた
新しくすれば何か素晴らしいことができるんじゃないかという期待
確かにパソコンは発展途上だった時期なので
新しくするたびに驚きがあった事は確かだ
でも今ではそういう思いを感じることが少ない
だからパソコンは4年前と変わらない状態だ
デスクトップにいたっては10年前のものを使っている

自分が新しいものについていけなくなってしまっているのかもしれない
でもその時の状態のままでも
十分僕の相棒としての役割を果たしてくれている

僕の親が口癖にしていたことが
この歳になってボディブローのように効いてきている
「欲しいものではなく必要なものを買う」

ここ数ヶ月で僕のカメラの状況は大きく変わった
欲しいから買ったと言われればそうなんだけど
自分の撮りたい写真を撮るためには必要なものなんだ
と自分にも言い聞かせている
だから、そういう自分を裏切らないためにも
自分の撮りたい写真を撮る
自分が「これだよ、この感じ」って言えるような写真

そしてまた必要なものが出てくる
こうして沼にはまっていく・・・(^_^;)
by musapoo | 2006-10-06 17:16 |  ├In the Field | Comments(10)
Commented by chinpike at 2006-10-06 19:42
何かをじっと耐える強さを感じます。

私もmusaさんと同じような感覚でした。
私の場合、最近やっとMFレンズで撮り始めたのが結構大きく、
そのせいか、あまり新製品に興味がなくなってしまいました。
私はフィルムに行くことはたぶんないのですが、少々デジタル
的な写真を変えつつあります。
今思っているのが、なぜデジタル写真誌と日カメやアサカメの
写真(フォトコン写真)は違うのか?ということ。
私は日カメやアサカメの写真にとても惹かれるのです。
Commented by musapoo at 2006-10-06 21:23
>chinpikeさん、ありがとうございます。
なぜなんでしょう。昔からのカメラ雑誌とデジタル専門誌の違い。
私は、ここ数年間あまり見ていないのでなんとも言えないのですが、以前の感覚で言うとデジタルカメラ専門誌に出てくる写真は、もしかしたらこんな写真が撮れるかもしれない、という気持ちを持つ事ができたのですが、昔(デジタル以前)からの写真雑誌に載っている写真は、「これは真似できない」と思うようなのが多かったように思います。デジタルも進化して最近は分かりません。
ただ、いつも思うこととして、デジアナ問わずフルオートの高性能カメラは、カメラを作った人たちの意図が強く反映されて、マニュアルに近づくにしたがって、撮影者の意図が強くなるって気がしているのです。
なんか、今日は感じていることを吐き出しすぎてしまってますね。
これも「scat」のせいかもしれません(^_^;)
・・・「scat」はchinpikeさんのところの話題でしたm(_ _)m
Commented by datian at 2006-10-06 22:01
アップされている写真を含めて、心のうちがなんとなく分かるような
気がしております。
AFと対抗する意味ではないのですが、不便であったり、難しかったり、
面倒だったり、遅かったりすること、これがマイナスに見てしまうので
なく、そうであるがゆえにそれを何とか使って表現していく、そのことで
表現したい中心のようなものがはっきりしてくるのではと、最近感じ
はじめています。
Commented by musapoo at 2006-10-06 23:14
>datianさん、ありがとうございます。
自分が表現したいものは何か、自分が見つめているものは何か、写真を撮ると言う行為は同じなんですが、自分が操作しなければ写せないカメラの方が、よりはっきりしてくるように思います。
E-1ズームの組み合わせの時は、構図がきまった時点でどんどん撮っていたのですが、ピントを合わせる、絞りを決める、構図を確認する、といった手順を踏んでいく中で、これは違うなと思えばシャッターは切らない。1枚撮るまでに時間がかかる分、写真の自分の濃度が濃くなるような感じです。
違う場面では、運動会で走る我が子を追随しきれないAFに悪態つくよりも、 MFで物にした写真の方が喜びは大きいです。

最近、話が大袈裟になってしまって申し訳ないです(^_^;)
Commented by hotmilktea-2 at 2006-10-06 23:18
みなさん、カメラに詳しい方ばかりで私にはどうコメントしていいかわかりません。
でも、今のカメラのAFの性能にはいまひとつ満足できません。遅い、と感じるんです。迷いが多い。そんなときはMFに切り替えます。でも、私にとってはこれもまた悩みの種。ピントの山をつかみきれないのです。もうちょっとって、悩んだ末ピンボケの山だったり。AFでは機械が迷い、MFでは人が迷う。まだまだ使いこなすという域には達していないようです。はやくmusapooさんのようにマッチする感覚を体験したいものです。
Commented by musapoo at 2006-10-06 23:35
>milkさん、ありがとうございます。
機械にイライラすると買い替えたくなりますが、自分にイライラしても自分を買い替える訳にはいきません。だから慣れるか腕をあげるしかないのですが、AFカメラによってはファインダーでのピント合わせをあまり考慮されてないものもありますので難しいところですよね。
この写真もどうもすっきりピントがきていないように見えます。ピンボケは多くのカメラマンの共通の悩みですよ。
Commented by kaho_nomi_2 at 2006-10-07 03:45
「自分が「これだよ、この感じ」って言えるような写真」←ぐっとくるお言葉です~本当ですよねぇ~
Commented by musapoo at 2006-10-07 17:26
>kahoさん、ありがとうございます。
どういう訳か、最近、いろいろ吐き出してしまっています(^_^;)
これで撮っている写真が言っている通りならば苦労はないのですが・・・。
Commented by nakajimaakira1948 at 2006-10-09 10:58
musapooさん、おはようございます!
わたし銀塩時代は、ズームを殆ど使いませんでしたし、AFもカメラじゃないと×でした。

それが老眼が進んで(;。;)、いまではズームでAFで お気楽写真で~す。
おめめを大切に!
Commented by musapoo at 2006-10-09 15:43
>akiraさん、ありがとうございます。
もうすぐ私もAFの力にたよらなければならなくなりそうです。
最近近い物の見え方が悪いです。
今のうちにあがくだけあがいておきます(^_^;)
<< これもきわどい光景 一転してしっとりと秋の雨を >>