きれいなものをより美しく、なんていう下心はとうの昔に捨てました。
by Musapoo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
木立
at 2017-11-15 18:18
色づく森
at 2017-11-08 18:13
眠れ
at 2017-11-07 22:23
Path of Autumn..
at 2017-11-06 17:07
冬は上からやってくる
at 2017-11-05 16:24
無数の色
at 2017-11-04 18:59
森の秋
at 2017-11-02 17:04
今年最後のコスモス
at 2017-11-01 21:59
夕日を浴びて
at 2017-10-26 20:53
この世界なんだよな
at 2017-10-16 16:42
見上げたら
at 2017-10-14 18:04
秋に咲く
at 2017-10-12 19:36
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1123)
(674)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(200)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(104)
(87)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: カテゴリ:Idle talk( 48 ) ::::::::
  :::: 憩いの場 学びの場 ::::::::
ここはカメラのアラジンさんのギャラリー
二週間に一度作品が入れ替わる
ここのところここに来ては絵を眺め
写真と絵の関わりに思いを巡らせている
b0064396_00423410.jpg
前回4/10〜4/19までは
ベルナール・ビュッフェ ジルベール・アルト 芝田米三

今回4/24〜5/3
勝田幸男 高塚省吾 レイモン・ブーレ

5/8〜5/17
金森世士夫 ファンシュ・ルダン ピノ・ダエニ

5/22〜5/31
乗兼広人 ジョアン・ミロ レンピッカ

6/5〜6/14
アニー・ミナシアム 小磯良平 坂本好一

6/19〜6/28
栗原喜依子 ワイズバッシュ 夢田誠

元絵の油彩もあれば複製のリトグラフもある。
リトグラフといっても50〜200枚ぐらいしか摺られていない。

こんな片田舎にいて無料で観賞させてもらえるなんて大事件だ。
おまけに破格の値段が付いている。

ゴールデンウィークで富士山を見に
富士宮にお越しの方は
ぜひカメラのアラジンさんへお立ち寄り下さい。

場所は静岡県立富士宮北高等学校のすぐ南です。
バイパスではない旧国道139号線沿い。
白糸の滝から道なりにずっとずっと下ってきて
北高を通り過ぎたらすぐです。



木曜日が定休日
PM1:00〜8:00まで


本来の店舗には所狭しとお宝が置かれています。
化石や貴石がお好きな方、
天体やカメラがお好きな方、
面白いものがわんさかあります。
そちらにもぜひ(^_^ა)





by musapoo | 2015-04-30 01:14 | Idle talk | Comments(0)
  :::: 使用レンズ ::::::::
無駄遣いを無くすために自分の必要としているレンズは何かを見定めるため、定期的(4ヶ月ごと)にブログにアップした写真の使用レンズをカウントしてきた。5DIIに替えてた当初は35/1.4と85/1.4の大口径ペアーで90%ほど撮っていた。でもここ一年では50/1.4と60/2.8の標準域が半分を占めるようになった。
b0064396_17193420.jpg
広角や望遠の視覚的な効果もなく、モノクロ化が主流となって色彩の面白みもなく、ようは丸裸の状態でどこまでいけるのだろうか。

実際のところ2014年5月からブログの来訪者数が減少し続けて、2011年5月から写真を全く撮ることができずブログの更新をしなかった頃の水準にまで落ち込んでしまった。ピーク時(1000人写真展が始まった頃)の1/5だ。
b0064396_17355298.jpg
この急降下は、統計なんてとるんじゃなかったと後悔するぐらいの動きだ。知らなければいいことをリサーチしてしまった。でも、2月と3月(現在)と減少が止まった。標準域のレンズを使いモノクロ化にはしっても僕の写真を見放さず見に来て下さっている方々らいらっしゃるということだ。毎日駄作を量産し続けても、それでも来て下さる。感謝の念を感じずにはいられない。

今後、さらに数字的に下ったとしても僕は自分の撮りたい写真を撮ってアップしていきたいと思います。



by musapoo | 2015-03-14 18:04 | Idle talk | Comments(0)
  :::: 猫の日にちなんで ::::::::
twitterを中心に情報をまとめて発信する手順が分かったので、
猫の日にちなんでこんなまとめもした。

動物の猫
 ▶ペット

猫スイーツ
 ▶食べ物

猫耳の女の子
 ▶女の子
by musapoo | 2014-02-22 20:48 | Idle talk | Comments(0)
  :::: 2013年が暮れていく ::::::::
b0064396_16444261.jpg


今年は休むことなく写真をアップし続けました。
1日3枚というハイペースの時もありました。

私の写真を楽しみにしてくださった方々に感謝いたします。
by musapoo | 2013-12-31 16:45 | Idle talk | Comments(0)
  :::: ありがたいこと ::::::::
b0064396_16451563.jpg



  →→→ナショジオのページへ


ナショナルジオグラフィック様のニュースに私の写真を取り上げていただきました。

富士山とのコラボ写真はよほどのことがない限り撮らないと決めた直後に、
ちゃっかり流星と富士山を撮っている自分が恥ずかしかったのですが、
こうして取り上げていただけるとやっぱり嬉しいですね。
たぶん、これはよほどのことなんだと都合よく捉えようかと思います。

だからといって次も載せていただけるように頑張って撮ろうかな、なんて力まずに、
自分の撮れるものをこれまで通り撮っていきたいと思います。
by musapoo | 2013-12-21 16:54 | Idle talk | Comments(0)
  :::: 区切りの日 ::::::::
一年を3区間にわけた区切りの日。
2012/11/13〜2013/3/13までの
ブログにアップした写真の使用レンズの動向を確認した。

b0064396_10478.jpg


近所や森の草花の撮影が多かった時期にMakroPlanar60cが急上昇。
その分、Distagon35mmやPlanar85mmの使用が減った。
でも今期、それをかなり取り戻している。
季節的に花がないからというのが一番の理由だろう。

ところが・・・

b0064396_165996.jpg


割合にしてみるとズームの使用が増えてきているのが分かる。
それもOM35-80mmが顕著だ。

理由として森ではなく山に登るようになって、
できるだけ軽装にするためにズーム一本ということが多かったのと、
ゴミに悩まされたということが上げられる。

Olympusを使っていた時はゴミは気にならなかった。
でも今使っているカメラはゴミがつきやすい。
クリーニングしても振るい落とせないのだ。

それが気になっていたため、
現場では極力レンズ交換をしないようにしてきた。
それも35-80mmズームの使用頻度を上げた大きな要因だ。


現在2台態勢で撮影していてレンズの組み合わせはというと
35&85
50&60
50&35-80
と3パターン。

1台だけにすると
50mm標準だけ
60mmマクロだけ
35-80mmのズームだけ
となる。


最近50mm1本で撮るのがすごく面白く感じている。
多少の不自由感はあるけれど意外に撮りやすいのだ。
広角的にも望遠的にも撮れる。
ところが35&50&85の3本にするととたんに50mmの使用頻度が下る。
同じように35-80mm1本を持っている時も、
ズームの両端付近を使って50mm付近は使わないという傾向が強い。

まだまだ僕は35mmの広角効果と85mmの望遠効果につられてしまっている感じだ。

レンズの画角による誇張や圧縮と言う刺激を廃して
研ぎ澄まされた平凡な写真を撮れるようになるにはまだまだ道のりが遠い。
普遍的な要素をだけを切り取るまでにはまだまだ時間がかかりそうだ。
by musapoo | 2013-03-13 01:36 | Idle talk | Comments(0)
  :::: 今日も一言 ::::::::
心の中にあるものと、
共鳴するものを探して歩く。
そして見つけたモノが持つ力を、
撮らせてもらうんだということ。
分けてもらうんだということ。
それを忘れがちになってしまう。
by musapoo | 2013-02-06 21:10 | Idle talk | Comments(0)
  :::: ぼやき・・・ ::::::::
オリジナルなくしてアレンジなし。
人のを元にアレンジしても始まらない。
まずは自分のオリジナルを見つけないと。
by musapoo | 2013-02-05 23:03 | Idle talk | Comments(0)
  :::: 写真が如実に語ってくれる写真 ::::::::
 写真が如実に語ってくれる写真が撮れれば題名だっていらくなるし、言葉だっていらなくなる。気の利いた言葉を探せない者の戯言なのかも知れないけれど、言葉によって写真を補おうとしている自分が嫌になる。タイトルも「無題」、キャプションや説明もつけなければ、見る人はきっとどう見たらいいのか困るかも知れないけれど、でも逆に自由に見てもらえるのかも知れない。それに耐えられるだけの写真と撮ることができるか、が問題だ。
 と、また変なことを考え始めている。
by musapoo | 2013-01-27 22:06 | Idle talk | Comments(0)
  :::: 紹介文の変更 ::::::::
数年ぶりにブログの紹介文を変えました。

「綺麗だったり奇抜だったり斬新だったり特別だったりしなくていい。平凡でも地味でも、深みのある写真、人の想を支えられる写真、わずかな人でもずっと記憶に残してもらえる写真、そんな写真を私は撮りたい。 」

恰好良すぎるですね。もっと謙虚でなくちゃいけないと思うのですが、そこは自分の目標ということで・・・(^_^;)
by musapoo | 2013-01-20 22:09 | Idle talk | Comments(0)