目に映りし物は「虚」、内に満たさんは「空」。よって「無」の境地に至らん。されば万物の「理」を捉え、万事の「真」を感ぜり。これぞ世を写さんとする「道」なり。
by Musapoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
ジニアの変遷2
at 2017-08-19 16:34
ジニアの変遷
at 2017-08-18 18:12
庭にて
at 2017-08-17 20:26
夕闇迫る森の中
at 2017-07-26 19:31
ひまわり
at 2017-07-22 15:28
森に咲く
at 2017-07-21 19:56
森の中にて
at 2017-07-20 20:43
秋桜
at 2017-07-12 18:47
Leaves of Sunf..
at 2017-07-11 18:30
ヒオウギスイセン
at 2017-07-10 17:11
ユリ
at 2017-07-09 17:28
ジニア
at 2017-07-05 16:45
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1097)
(674)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(199)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(104)
(82)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: カテゴリ:Comparison( 49 ) ::::::::
  :::: うちのあじさい ::::::::

珍しく比べっこ。
VS35-70/3.4とOM35-80/2.8だ。
b0064396_23542047.jpg


b0064396_23575396.jpg
どちらも望遠側で開放。

ほとんど変わらない。
でもちょっとだけ違う。
ごちゃごちゃした感じが上の方にはある。
下のほうが整っている。
それはたぶん70mmと80mmの違い。

で、自分としてはどちらが好きかというと、
VS35-70/3.4で撮影した方が好き。

それとレタッチを前提にすると、
上(VS)から下(OM)にはもっていけるけれど、
その逆はできないような気がする。

微妙な違いが写真全体の印象に違いが出る。





by musapoo | 2015-07-18 00:07 | Comparison
  :::: りゆうなんてどうでもいいんだけど(レンギョウ) ::::::::
85mm
b0064396_17540456.jpg


35mm
b0064396_17535951.jpg
久しぶりの比べっこ。
レンギョウはほとんど同じ位置。
比べっこをするためにあえて同じにしたんじゃなくて、
レンズを変えても結局同じ構図になっただけの話。

85mmと35mmの2本体制が好きなんだから
あえて理由なんて付けなくたっていいんだけれど、
でも時々自分で確認したくなる。

背景の暗い山を利用して浮き出させるには85mmの方が有利に働く。
でもこのレンギョウの「よさ」ってなんだろうって考えた時、
剪定されずに気持ちよく伸び放題に伸びている枝。
だったらそれが分かりやすい撮り方をした方がいい。
そうやって見ると背景が青空のほうが有利だし、
何よりも枝の伸び加減が35mmの方がいきている。


35mmも85mmも視覚的効果(誇張や圧縮)はそれほど望めない。
でも、違和感なく見ることのできる範囲で
それらの効果を発揮させることができる。

このレンギョウでは僕は35mmの方を選択する。
違うレンギョウではもしかすると85mmの方が良い物が撮れるかもしれない。









by musapoo | 2014-04-07 18:08 | Comparison
  :::: 同じ構図での比べっこ ::::::::
時々違うレンズで同じ場面を撮って、
焦点距離の違いによる見え方の違いを確認したくなる。

今回は携行していた35mmと85mmだ。
さんざん使っているこのペアー。
標準レンズを挟んで広角側と望遠側の直近の焦点距離で、
遠くのものを大きく写すには物足りない85mmと
広い範囲をバサッと切り撮るには物足りない35mmだ。
高倍率ズーム全盛時代で一見中途半端な焦点距離だけど
見過ごされがちな視覚的効果を比べる。

まず野菜畑の場面。
自転車で坂道を下っていくと目に入ってきたのは
日没直前の陽射しに光る野菜の苗のラインだ。
そこでまず選んだのが85mm。
b0064396_15512963.jpg


放射線状に並ぶ野菜達をきれいに捉えることができた。

そこで35mmで同じ構図はできないかと思い
立ち位置を少し移動して35mmで撮影。
b0064396_15512531.jpg


わずかにズレはあるけれど、ほとんど変わらない構図で撮影することができた。
でも、決定的に違うのは野菜達の間隔だ。
85mmと35mmでこれだけ違う。
85mmは圧縮効果が少し出てくるので
前後の野菜達がつまって見えるためラインがつながる。
35mmはその逆で孤立して見える。

最初、ここで感じたようにラインを強調するならば85mmの方がいいかと思う。
でも寒い夜をむかえる健気な野菜の苗という見方なら35mmを選んでもいい。


次にイチョウの古木を見に行った時の場面だ。
黄葉の最盛期を過ぎ木の周りはイチョウの落ち葉で埋まっていた。
そしてそのなかにベンチが一つおいてあった。

落ち葉に足跡をつけないために遠くから眺め85mmで撮影。
b0064396_15512021.jpg


そして荒らさないように近づいて35mmで撮影。
b0064396_1550516.jpg


85mmはイラストやもっと極端にいえば製図のような、
平行な物は平行に近い写りをしている。
ところが35mmでは平行なものが平行ではないのがはっきりする。

この二つの見た目の違いはどうか。
人それぞれに違いを感じるだろうけど、
85mmは平行が平行に近いため脳内で描く線構成と近いため
安心して見ることができるけれど
どことなく遠い存在に見える。

それに対して35mmは平行が平行じゃない立体的な誇張がされるので
一見落ち着かないように自分では感じる。
でも、それが近くにあるという存在感というか親密感を感じる。


野菜もベンチも絶対的にどちらが良いという話ではなく、
自分だったらどっちなんだろうという捉え方。
被写体をどう見て欲しいのか撮影の意図は、
同じ構図でも焦点距離だけでかなり変化をつけることができる。

ズームレンズを使っていると陥りやすいこととして、
その場に立ってズーミングだけで構図を決めてしまうことがある。
立ち位置に自由が利くならばまず足を動かして
どの角度からどの範囲までを撮ろうかということを意識すると、
またちょっと違った写真を撮ることができるかも知れない。
by musapoo | 2013-12-07 17:30 | Comparison
  :::: 夏の原風景になりつつある ::::::::
b0064396_16392349.jpg

35mmをつけると寄る。

b0064396_16401355.jpg

85mmをつけると離れる。


ここは小さな畑の一部。
毎年この花が咲いている。
僕にとって夏にはなくてはならない花になってきた。



Here is a small part of the field.
These flowers are in bloom every year.
This flower has come to must in summer for me .
by musapoo | 2012-08-14 17:06 | Comparison
  :::: 屁理屈を捏ねながらもう3つアップ ::::::::
 GWに入って久しぶりに28mm/60mm/135mmの自然の中お散歩セットを持ち歩いてた。そこでついつい同じ花を3本付け替えて撮って見た。

28mm
b0064396_1746057.jpg


広角を持つとつい真上から撮りたくなる癖がある。
というか、まわりの余計なものを入れないようにするには、
こうするのが一番楽なのだ。
ここは駐車場の片隅の放置された花壇のような場所。
日頃35mmまでしか使っていないので、
かなり遠近感が強調されているように感じる。
それと顔をグッと近づけて見ているような、
ちょっと緊迫感が出てくる。
ま、それが刺激的と言えるのかも知れない。


60mm
b0064396_17515419.jpg


人が地面から咲く花を見る時ってこんな角度だろう。
28mmに比べたら在り来たり過ぎる。
でも、そこを何とかしていきたいのだ。


135mm
b0064396_17572612.jpg


周囲の邪魔のものをフレームから外すのは、
このぐらいの焦点距離になると楽だ。
それに入っていてもぼけて邪魔しないでくれる。
ただ、この感じは遠くで花を見つけて、
その花を頭の中で描きなおしたような感じになる。
だから写真として見た時にどこか遠くの存在に感じる。
手が届きそうな「間合い(距離感)」ではない。


自分が35-85mmの標準域にこだわってしまうのは、
その「間合い」から来ているのだと思う。
by musapoo | 2012-05-04 18:18 | Comparison
  :::: 白菊 ::::::::
85mm
b0064396_19145016.jpg


35mm
b0064396_19152464.jpg



望遠レンズの方が主役が小さい。
遠くのものを大きく写したいから望遠がある、
という固定観念を崩す撮り方(^_^;)
by musapoo | 2011-10-11 19:19 | Comparison
  :::: 黄色い花 ::::::::
85mm
b0064396_20165910.jpg



60mm
b0064396_20173072.jpg



35mm
b0064396_2018074.jpg



味わい深く撮る。
見栄え良く撮る。
印象的に撮る。
刺激的に撮る。
自然に撮る。


人それぞれに撮り方が違う。
レンズの焦点距離の選び方も違う。
絞りの開け方も違う。

ここではこういう撮り方をしなければならない、
なんていう固定観念はない方がいい。
でも、自分はどんなふうに撮りたいのかは見失いたくない。

久しぶりに3つのレンズで同じ物を撮った。
by musapoo | 2011-08-29 20:27 | Comparison
  :::: 僕の最強ペアーで撮る六地蔵 ::::::::
Distagon 35mm F1.4
b0064396_19574955.jpg


Planar 85mm F1.4
b0064396_1958263.jpg



35mmと85mの違いを比べたってあまり意味はない。
でも僕が今感じている二つのことを説明するには、
この二つの焦点距離で撮影した写真が必要かもしれない。

レンズについて
by musapoo | 2011-02-25 20:53 | Comparison
  :::: ::::::::
b0064396_23414862.jpg


眼底写真ではない。
これは僕の地区の御神木。
氏神さんにあるケヤキだ。
F1.2の強烈なボケでこうなった。
木の持つ凄さよりも
描写の凄さが際立ってしまった。
幻想的といえば言える。
これはこれでいいんだけれど、
本来撮りたかった木の魅力は伝えることができない。
せめてこのぐらいにしないと・・・。
レンズを変えて違う日に撮影。
b0064396_0274641.jpg

by musapoo | 2011-01-21 23:45 | Comparison
  :::: 初めてのOM単焦点(追加と変更10/24 15:00) ::::::::
アダプターが届いたのでとり合えず家の中で試し撮り。

散らかった仕事部屋の机を整頓して、
部屋の中にある目ぼしい物を並べ撮ってみた。
暖色系の蛍光灯の部屋なので、
色合いの違いが出るかどうか分からない。
とりあえず撮るだけでも(^_^;)

比較するのはPlanar50mm/F1.4とMakroplanar60mm/F2.8。
そして追加してEF28-135mm/F3.5-5.6とEF24-70/F2.8、
二つのズームの50mm近辺。
開放付近での描写の違いを捉えたいため、
開放とF2.8だけ選択した。

b0064396_14233972.jpg


蛍光灯では色調が大きく変わることはない。
このぐらいでは違いがないとみていい。
ま、わずかに黄変しているレンズなので、
アンバー系の光源ではその違いが出ないとは思う。
ただ、ズーム2本の彩度が低く、
特にEF28-135mmでは階調も悪くなっている。

ピントを狙った場所の等倍。

b0064396_14352770.jpg


[momiji]の二つ目の[m]に合わせたつもりが、
わずかに前ピンになってしまった。
OM55mmでだいぶ崩れているように見えたんだけど、
P50mmもけっこう崩れている。
開放ではこれでよしとすべきなんだろうと思う。
0M55mmで特に目に付いたのが、
インク瓶の白いレーベルの外側にフレアーが発生しているところだ。
レースをかけたような描写をするというのが、
開放のこの辺りからくることだと思う。

ボケの状態。

b0064396_14401031.jpg


F2.8でのボケ味では一番長い60mmが有利に働いている。
でも50mmの開放のボケ味が面白い。
ボケているけれど芯がある。
55mmのボケは、
開放ではさすがに原形が崩れている。
でも2.8に絞るとまとまってきて、
コントラストも高くなるようだ。
MP60cとEF24-70のぼけ方が似ているのには驚いた。
単焦点並の解像度とボケを兼ね備えている
優れたズームレンズであることが分かる。
できないのは標準開放の甘さだけかもしれない。

これらのことが僕の撮っているフィールドで、
どのようになるのか分からない。
でも外へ連れ出すのが楽しみな1本を手に入れた実感はある。

今回追加したズームレンズの特に24-70mmの良さにも驚かされた。
運動系ばかりでなくもっと積極的に風景にも使ってみたい。
by musapoo | 2010-10-22 18:24 | Comparison