目に映りし物は「虚」、内に満たさんは「空」。よって「無」の境地に至らん。されば万物の「理」を捉え、万事の「真」を感ぜり。これぞ世を写さんとする「道」なり。
by Musapoo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
夕闇迫る森の中
at 2017-07-26 19:31
ひまわり
at 2017-07-22 15:28
森に咲く
at 2017-07-21 19:56
森の中にて
at 2017-07-20 20:43
秋桜
at 2017-07-12 18:47
Leaves of Sunf..
at 2017-07-11 18:30
ヒオウギスイセン
at 2017-07-10 17:11
ユリ
at 2017-07-09 17:28
ジニア
at 2017-07-05 16:45
咲き始め
at 2017-07-04 20:22
The Stage unde..
at 2017-06-22 18:51
Summer Garden
at 2017-06-21 20:45
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1094)
(674)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(199)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(104)
(82)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: カテゴリ:Item( 44 ) ::::::::
  :::: Carl Zeiss Planar 50mmF1.4 ::::::::
b0064396_23425143.jpg


艶やかで柔らか、
繊細にしてまろやか。
微妙な色の変化を見事に再現してくれる。
開放でのピントの浅さに苦労はするけれど、
文句をつけられないレンズ。
このレンズも開放での魅力をよく言われるけれど
僕は絞った時の繊細さを失わなずに
シャープになるところがとても好きだ。

***追記2009/05/06*******
現在28mmF2.0と100mmF2.0の2本と組み合わせて
新三種の神器の一角を担っている
標準域を多用している僕にとって
なくてはならない1本である

***追記2009/11/13*******
現在、35mmF2.8と85mmF2.8と合わせて、
単焦点に踏み込んだ当初のラインナップ、
基本トリオの一角にもどっている。

***追記2016/9/24*******
ここ2年ほど、このレンズだけで撮り続けている
時々気分転換に他のレンズも使うけれど
結局このレンズでしか撮れないんじゃないかという
暗示にかかっているのかもしれない
あっさりと爽やかな感じにはならないけれど
現在求めている重厚でしっとりとした色調は
レタッチを施しても他のレンズではだせない


by musapoo | 2016-08-15 23:42 | Item
  :::: 機材や作品などの遍歴(略歴) ::::::::
機材の遍歴から作品の紹介まで取り留めも無く記載します。


現在稼働中、および待機中の機材
 ボディ
  Contax G2 Contax ST Contax 167MT
  Canon 5DII×2 Canon 55
 レンズ
  Contax Distagon35mm/F1.4 Contax Planar85mm/F1.4
  Contax Distagon35mm/F2.8 Contax MakroPlanar60mm/F2.8C
  Contax Variosonnar35-70mm/F3.4 Contax Planar45mm/F2.0G
  Canon EF24-70mm/F2.8 Canon EF70-200mm/F2.8
  Canon EF28-135mm/F3.4-5.6
  Olympus F.Zuiko 55mm/F1.2 Olympus Zuiko 35-80mm/F2.8

機材の頭の記号は以下の通り
☆:現在メインに使用
◎:サブ的に使用
○:現在も使用
◇:ほとんど稼働してないが、いつでも使用可
▲:故障
×:手元にない

[1978年]初めての自分のカメラで有頂天のころ。星を撮ることに夢中だった。
◇Pentax MX
×SMC50mmF1.7

[1981年]AEのありがたみをひしひしと感じていた。
▲MESuper
×SMC35-105mm

[1984年]スクーターで走り回りながら、エクタクロームばかり使っていた。道路のカーブのその先にどんな風景が待っているのか、それを追いかけることに夢中になっていた。
×SMC80-200mm

[1986年]楽器を吹く仲間ばかりを撮っていた。
×Pentax LX
×SMC24-50mm

[1993年]パソコンでの画像処理が可能になり、デジタル時代の到来をもろに被った。でも、この頃、仕事で写真を撮るぐらいで、それ以外はほとんど撮らない状況だった。
×Casio QV10

[1995年]HPを立ち上げたためこれまでの作品をデータ化
×Tamron SP90mmMacro
×Tamron 28mm

[1997年]出かけなければ写真が撮れないという思い込みが強くなり、山以外ではほとんど撮れなくなる。しかし、子どもの誕生で撮る楽しみを新しく見つける。
◇Contax G2
◇Contax(G) Sonnar 90mm/F2.8 [Reversal Film]
◇Contax(G) Planar 35mm/F2 [Reversal Film]

[1998年]本格的にデジタルへの移行を目論む。
×Fujifilm Finepix10i
○Canon EOS55 
×Canon EF28-105mm/F3.5-4.5

[1999年]家族の写真以外は完全に何を撮っていいのか分からなくなる迷走期。
◇Olympus C-2100UZ(小僧が使用中)

[2001年]
◇Olympus E-10

[2004年]ブログを立ち上げる。
×Olympus E-1
×Olympus ZD14-54mm [Olympus E-1]
×Olympus ZD50-200mm [Olympus E-1]

[2005年]単眼レンズのよさに目覚める
×Olympus ZD11-22mm [Olympus E-1]
=単眼レンズ群=
::基本トリオ::
◎Distagon35mm/F2.8 [Reversal Film] [EOS 5DII]
◎Planar50mm/F1.4 [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
×Sonnar85mm/F2.8 [Reversal Film] [EOS 5DII]
::山歩きトリオ::
×Distagon28mm/F2.8 [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
◎MakroPlanar60mm/F2.8C [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
×Sonnar135mm/F2.8 [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
 近代インターナショナル製マウントアダプター(Y/C--->Fourthirds)
◇Contax(G) Planar 45mm/F2 [Reversal Film]
×Contax(G) Biogon 28mm/F2.8 [Reversal Film]

[2006年]フィルムへの回帰
=単眼レンズ群=
::最強ペアー::
☆Planar85mm/F1.4 [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
☆Distagn35mm/F1.4 [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]

::ラインナップから外れたレンズ達::
×MakroPlanar60mm/F2.8 [Reversal Film]
×Planar100mm/F2.0 [Reversal Film] [EOS 5DII]
×Distagon25mm/F2.8 [Reversal Film] [Olympus E-1]
×Sonnar180mm/F2.8 [Reversal Film]
×Tessar45mm/F2.8 [Reversal Film]
 近代インターナショナル製マウントアダプター(Y/C--->EOS)
○CanonEOS55の復活
◇Contax 167MT(中古)

[2007年]使用フィルムをProviaに変更
○ContaxST(中古)
=単眼レンズ群=
×Planar135mm/F2.0 [Reversal Film] [EOS 5DII]
×Distagon28mm/F2.0 [Reversal Film] [EOS 5DII]
×Planar50mm/F1.7 [EOS 5DII]

[2008年]自分にとって必要なレンズの絞り込み
フィルムカメラ用として初めてズームレンズを購入
×VarioSonnar40-80mmF3.5 [Reversal Film] [EOS 5DII]

[2009年]フルサイズデジタルに移行。5DmarkII中心の活動に入る
マックの機種変更に伴ってフィルムスキャナーが使用不能となる。

☆Canon5DmarkII
☆EF28-135mm/F3.5-5.6 IS [EOS 5DII]

[2010年]
使用頻度の少ないレンズを整理して、
☆EF24-70mm/F2.8L USM [EOS 5DII]
☆EF70-200mm/F2.8L USM [EOS 5DII]
2本を一気に補充。

OMマウントでは初めてのレンズ
☆55mm/F1.2 [EOS 5DII]

僕が風景写真撮りに必要としている単焦点の画角。
それを明確にすることができた。
次へのステップを見定める時期になったかもしれない。
僕は決してコレクターではない。
いつ使うか分からないレンズを並べているよりも、
気持ちよく撮れるレンズを手元に置いていればそれでいい。

[2011年]体調を崩し21年間務めていた職ヘの復帰を断念し、自宅療養生活に入る。写真販売を開始。近所の草花を撮影開始。これが後の作品集「ぼくらのそばで咲いている」となる。

新年明けて早々に、かねてから手に入れたくて、
手ごろな価格のものが出るのを待っていたレンズを導入。

×OM 35-80mm/F2.8 [EOS 5DII]

7月よりPIXTA様にて写真の販売を開始する。
     ⇨写真素材のPIXTA⇦
12月より世界の写真投稿サイト500px様に投稿を始める。
     ⇨500px⇦

[2012年]撮影活動に専念する。リハビリのために通うようになった森で「Forest」シリーズを撮影開始。

3月より500px様にて写真販売を開始する。

 8月、OlympusのE-1とズームレンズ3本を手放して2台目のCanon EOS 5DmarkIIの中古を手に入れた。単焦点レンズを多用するのでレンズ交換時のゴミの混入やトラブルを防ぐために5DmarkII二台体制としたかった。後継機種が出てしばらくたったので上質のボディの価格がぐんぐん下がってきた。そこで事実上稼働していなかった4/3システムを手放すことにした。

2台態勢に伴いレンズは2本組を原則とするようになる。
::最強ペアー::
〇Planar85mm/F1.4 [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
〇Distagn35mm/F1.4 [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
::標準ペアー::
◎Planar50mm/F1.4 [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
◎MakroPlanar60mm/F2.8C [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
::OMペアー::
〇55mm/F1.2 [EOS 5DII]
×OM 35-80mm/F2.8 [EOS 5DII]
::重装備ペアー::
☆EF24-70mm/F2.8L USM [EOS 5DII]
☆EF70-200mm/F2.8L USM [EOS 5DII]

[2013年]作品集の出版販売を開始。またドイツのKUJAJAさん率いる写真家集団、写真で世界に貢献しようとするアクション[Photobook]に参加し、作品応募を開始する。2月より「双体道祖神のある風景」と10月より「水の姿・心の形」のシリーズを撮影開始。

Photobookについて
 KUJAJAさんが運営するサイトに写真を投稿し、相互評価を元に数名の選考委員のかなが入選作品を決め、それを写真集として販売。収益金をそれぞれのテーマにあった慈善団体に寄付する行動です。
          ⇨kujajaさんの運営するサイトへ⇦


Photobook「Water」に1作品入選
   ⇨「Water」の販売元⇦

 4月 作品集「Forest」を発売
   2015/10 著作者のマイナンバー制度導入にともない販売終了

 7月 作品集「すわり富士」を発売
   2015/10 著作者のマイナンバー制度導入にともない販売終了

10月 作品集「ぼくらのそばで咲いている」を発売
   2015/10 著作者のマイナンバー制度導入にともない販売終了

Photobook [Night on Earth]に2作品入選
   ⇨「Night on Earth」の販売元⇦

Photobook [花 Flower]に2作品入選
   ⇨「花 Flower」の販売元⇦

[2014年]作品集制作のため素材販売を縮小。素材としてではない作品としての制作に専念。モノクロでの作品づくりを開始する。

1月 作品集「Natural Rhythm」を発売
   2015/10 著作者のマイナンバー制度導入にともない販売終了

2月 作品集「水の姿・心の形」を発売
   2015/10 著作者のマイナンバー制度導入にともない販売終了

 主力レンズのセットの変更。Planar50/1.4をメインとし、Distagon28/2.8とSonnar85/2.8を補助的に使用する3本体制にする。

5月 作品集「いつまでもずっといっしょ」を発売
   2015/10 著作者のマイナンバー制度導入にともない販売終了

Photobook [Forest]に2作品入選

7月 作品集「Life」を発売
   2015/10 著作者のマイナンバー制度導入にともない販売終了

8月 作品集「Viwe of the Flower」を発売
   2015/10 著作者のマイナンバー制度導入にともない販売終了

Photobook [One minute on Earth 2014]に1作品入選

[2015年]50mmレンズだけ持ち歩いての撮影になる。モノクロ、半モノクロ、多少のレタッチも含め仕上げにかける時間も多くとるようになる。そして数年ぶりに機材を手に入れ、ほとんど使わなくなったレンズを処分する。作品集作りよりも一つの作品を作り上げる方向にスタンスが変わる。アルバイトだった塾講師から正式に塾の社員となったため、空いたわずかな時間での撮影活動に戻る。

 1月 作品集「花の紋章」を発表

 2月 作品集「移りゆく時の流れに佇んで」を発表

 3月 「花の紋章」の表紙を飾った「11×7」の作品パネルを
     卒業式に合わせて富士根北中学校に寄贈。その後、一人の子の手に渡る。

    多くの人が撮るので敬遠していた「桜」を集中して撮影。

×VarioSonnar35-70mmF3.4 [EOS 5DII]

 トタン、石垣、花のある風景、人と木と、特別な富士山、を中心に撮影を続けながら、頭の中に描いた印象に合った場面を探して単体としての撮影にも心がける。

[2016年]子どもたちとの関わりが強くなるにつれ撮影活動が出来なくなる。毎日のように更新してきたブログは、作品ができしだいアップするというスタイルに変更。50mmレンズだけでの撮影が続くため、標準ズーム2本も手放す。諸事情で塾を退職。子どもたちとの関わりがすべてなくなってしまったことからくるフラストレーションがその後の撮影の動機に大きく影響することとなる。

 9月 「ゴールを決めろ そして次のステップへ」を室長をしていた教室に寄贈。

 歌の歌詞を引用する。深く関わってきた子どもたちに「聞こえない、がんばれ」を贈りたいため、たぶんこれからも撮り続ける。



追記と一部修正:2009/02/06
追記と一部修正:2009/05/06
追記と一部修正:2009/08/20
追記と一部修正:2010/01/14
追記と一部修正:2010/09/30
追記と一部修正:2010/11/13
追記と一部修正:2011/01/08
追記     :2012/05/15
追記と一部修正:2012/08/01
追記     :2012/11/07
追記と一部修正:2013/11/10
追記     :2013/12/19
追記     :2014/06/07
追記     :2015/04/25
追記     :2016/10/03

by musapoo | 2016-08-01 00:33 | Item
  :::: 主力機材(レンズの組み合わせ) ::::::::
=BODY=
 Canon EOS5DmarkII
 Canon EOS5DmarkII
 なぜ同じ機種を二つも使うのか・・・。
 それは僕が不器用だからだ。
 同じ機種で同じように撮り同じように処理したい。
 そして、頻繁に行うレンズ交換中のトラブルを防ぐためだ。
 ゴミ混入の不安とレンズ落下の恐怖。
 そんな思いでいた時に、MarkIIIが発売され買い替えのために中古市場にMarkIIが出てくるようになった。そして、手に届きそうな値段にまで下ってきた。数年前までの主力システムを総まとめにして下取りに出し購入した。
 現在2台体制で進んでいる。

=LENS=
☆1本勝負
 何はさておき1本だけ持ち出すのなら
  CONTAX CarlZeiss Planar50mmF1.4
   または
  CONTAX CarlZeiss VarioSonnar35-70mmF3.4

☆最強ペア
 自分にとって居心地の良い撮影を可能にしてくれる。
 2台体制となりより強固な存在となる。
  CONTAX CarlZeiss Distagon35mmF1.4
  CONTAX CarlZeiss Planar85mmF1.4

 ☆巨大ズームペア
  2台体制でもっとも大きな影響を受けることになったペアー。
  ただ、機動力に劣るため稼働率は低い。
   CANON EF24-70mmF2.8 USM
   CANON EF70-200mmF2.8 USM

 ☆野山ペア
  レンズを大幅に処分した中で行き残った重要な二本。
  森や山でも撮影にはこのペアが定着しつつある。
   CONTAX CarlZeiss MakroPlanar60mmF2.8C
   CONTAX CarlZeiss Distagon35mmF2.8

 ☆お気軽スナップ
  カメラ1台だけでズーム1本。
  あれこれ考えることなくフルオートで撮影。
   CANON EF 28-135mmF3.5-5.6

  稼働率は低いが心強い個性的な控えのレンズ。
   OLYMPUS OM ZUIKO 55mmF1.2


 ブログの写真でCANON 5D markIIに付けて使用したレンズの使用回数

2015/3現在
ぶっちぎりでP50mm使用レンズトップ
b0064396_15560210.jpg





2012/7/13現在
b0064396_20482083.jpg

 ついにMP60Cがトップ集団に追いつき追い越した。それだけ草花を撮り続けてきているということを裏付けている。そして、OM35-80/2.8が下位集団から抜け出した。レンズを付け替えることに不安を感じてからズーム1本での行動が続いた期間もあった。生活が大きく変わったことによってレンズの使用頻度にも大きな変化があった。



by musapoo | 2015-03-15 17:07 | Item
  :::: 帽子 ::::::::
b0064396_17254070.jpg


森に入る時にいつも被っている。
もう、10年以上使っている。
鍔が広いのは野外ではすごく便利なのだ。
雨が降っても水が首筋から服の中に入ってこない。
陽射しをしっかり防いでくれる。
ただちょっと目立ってしまう。

I have always suffered when entering the forest.
Anymore, I use more than 10.
The wide collar is in the field but very useful.
Water does not come through in the clothes from the back of my neck even if it rains.
Tightly will prevent sunlight.
I just felt conspicuous.
by musapoo | 2012-10-13 17:30 | Item
  :::: 主力機材一覧 ::::::::
 以前、メニュー内にあったものを記事として記録する。

◇◇Body◇◇
::Digital-Camera::
 Canon EOS 5DII
 Canon EOS 5DII

::Film-Camera::
 Canon EOS55
 Contax 167MT
 Contax ST
 Contax G2



◇◇Lens◇◇
 レンズ名をクリックするとそのレンズの私感の記事に跳びます。その右側にあるものをクリックすればそのレンズで撮影した作品が見られます。

::Y/CMount::
 Distagon28/2.8(MMJ) [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
 Distagon35/1.4(MMJ) [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
 Distagon35/2.8(MMJ) [Reversal Film] [EOS 5DII]
 Planar50/1.4(MMJ) [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
 MakroPlanar60/2.8C(MMJ) [EOS 5DII][Reversal Film] [Olympus E-1]

 Planar85/1.4(MMJ)
 [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]
 Sonnar85/2.8(MMG) [Reversal Film] [EOS 5DII]
 Sonnar135/2.8(MMJ) [Reversal Film] [Olympus E-1] [EOS 5DII]

::OM-Mount::
 OM55/1.2 [EOS 5DII]
 OM35-80/2.8 [EOS 5DII]

::EF-Mount::
 EF28-135/3.5-5.6 [EOS 5DII]
 EF24-70/2.8L [EOS 5DII]
 EF70-200/2.8L [EOS 5DII]

::G-Mount::
 Biogon28/2.8 [Reversal Film]
 Planar35/2.0 [Reversal Film]
 Planar45/2.0 [Reversal Film]
 Sonnar90/2.8 [Reversal Film]
by musapoo | 2012-07-29 14:38 | Item
  :::: OM ZUIKO 35-80mm F2.8 ::::::::
:::::元:20110105::::::::::::::::::
ZUIKO OMのズームレンズ。
以前より自分に必要なレンズは何か探してきた。
現在のところ、風景写真などに用いているのは、
35mmから85mmまでの焦点距離がほとんどだ。

そんな中、欲しいと思っていたのが35-85mmの明るい標準ズームだ。
できればズーム全域で通してF2.8以上の物。

この低倍率標準ズームは色々なメーカーからキットズームとして、
F値の暗いものがいくつも出されている。
35-70mm・28-85mm・35-105mm・28-105mmなどある。
僕自身Canonの28-105mmを使っていたし、
それを下取りにして手に入れた28-135mmを現在使用している。

でも、腰を据えてとろうとする時は単焦点ばかり選択してきた。
低倍率で良いから明るくて豊かな描写が望めるズームがあったらいいなと、
常々考えていた。

そんなおり、OLYMPUSで10年ほど前まで製造されていたこのレンズの存在を知った。
発売当時より高性能と言われていたけれど、
その分価格も非常に高かった。
そして小型化の売りだったOMレンズ群の中にあっては、
異質な大型重量級のレンズ。
おまけに高倍率、特に広角側にズーム域が拡大し、
オートフォーカス化が進んでいる時期だ。
何故にこの時期に35-80mmのマニュアルレンズなのかと、
世間一般では不評だったらしい。
でも、OLYMPUSのマニュアル時代の集大成とも言える、
当時の技術を余すことなく注ぎ込んだレンズであることは間違いない。

市場にあまり出回らなかったレンズらしく、
このレンズを用いた写真は、web上にそれほど掲載されていない。
でも、わずかに引っかかった作品はどれもいいものばかりだ。

中古市場では販売当時の定価の半額ぐらいの値がつけられている。
オークションでもほとんど登場しない。
半年近くこのレンズの動向をチェックしていたが、
ようやく質が良く値もなんとか手の届くものが現れた(現れてしまった)。

OM55mmf1.2を先行して使用してきた。
これで、55mmと35-80mmの2本体制が整った。
はたしてその力はいかほどか、
楽しみであり不安である。
フィルターとフードを手に入れたら稼働開始だ。


:::::追記:20160916::::::::::::::::::
 単焦点標準レンズでの撮影ばかりになり、稼働率がずっと下ってしまっていた。それでも時々引っ張り出して使っていた。描写は申し分ない。全域でクリアで解像度もいい。ただ、現在自分が目指している色調を出すには難しいレンズだ。レタッチを前提として撮影しているが、他のレンズと同じように撮れていてもレタッチ後の結果が違ってくる。粘りがないというか淡泊な印象を受ける。なぜそうなるのかは分からない。
 その結果、重要な場面での使用が出来なくなってしまった。できれば手元に置いておきたい1本であったが、この夏に手放すことになった。

by musapoo | 2011-01-05 11:46 | Item
  :::: OM ZUIKO 55mm F1.2 ::::::::
初めてのOLYMPUS ZUIKO OMの単焦点レンズ。
僕の目の前に現れてしまった。
F1.2の誘惑だった。
このレンズの作例をたくさん見た。
開放でのベールのかかったような描写と、
少し絞って繊細でシャープな描写を兼ね備える。
発売当初のレンズは放射能レンズで黄変する。
僕の固体は黄変する世代よりもあとの物。
でもわずかにアンバーがかかっている。

50mmではなくなぜ55mmを選択したのか。
それはラインナップの考え方から派生した。
僕の常用レンズは85mmと35mm。
その中間には50mmと60mmが存在する。
画角の開きは、
 35[×1.4]50[×1.7]85
 35[×1.7]60[×1.4]85
となる。
これを55mmにすると、

 35[×1.5]55[×1.5]85

となる。
これは35mmフルサイズの長辺と短辺の比に相当する。

36mm対24mm = 3:2= ×1.5

つまり焦点距離35mmで縦位置にした時の横(短辺)と、
55mmの横位置にした時の横(長辺)が同じ広さになるのだ。
僕にとって非常に都合がいい。

Contaxにも55mmが存在するけれど、
世界で1000本しか生産されなかった記念レンズで、
価格が軽自動車並だ。
とても持ち歩いて使える代物ではない。

そこで、存在が気になっていたのがこのレンズ。
作例はどれも魅力的だ。
価格も手が届かない物ではない。
そう思っていたら目の前に出てきた。
いそいでアダプターを購入し、稼働し始めた。

僕の35-55-85mm3本の主力レンズになれるか。
もう一つZUIKOの気になるレンズ
OM 35-80mm/F2.8を手に入れたら、
2本組みとして活躍するか。
今後が楽しみだ。

Canon 5D markIIでの作例
by musapoo | 2010-10-15 21:12 | Item
  :::: EF70-200mmF2.8L USM ::::::::
28-135の落下事故にショックを受けたまま、
使用頻度が低かったレンズをまとめて放出し、
24-70mmと共に程度の良い中古を見つけだして購入。
自棄気味な状態での決定だったので、
この決断は最良だったのかどうかまだわからない。

これでズーム2本体制で24−200までをカバーする。
僕が保有していたContaxの単焦点で言えば25〜180を網羅する。
写りは申し分ない。
このレンズに文句をつけられるほどの腕を
僕は持ち合わせていない。
でも、Contaxとはニュアンスが違う。

IS搭載機もあったけれど、
値段と大きさから非搭載機を選択。

それにしても非ISでもでかい。
zuiko digital50-200もでかいと思ったけれど、
それをはるかにしのぐ大きさと重さだ。
腰を据えてかからないと、ただの飾りになってしまう。

5DIIでの作例はこちらから
by musapoo | 2010-01-10 23:37 | Item
  :::: EF24-70mmF2.8L USM ::::::::
広角域から標準域までのズーム。
28-135の落下事故にショックを受けたまま、
使用頻度のほとんどなかったレンズをまとめて放出し、
70-200と共に程度の良い中古を見つけだして購入。
自棄気味な状態での決定だったので、
この決断は最良だったのかどうかまだわからない。

これでズーム2本体制で24−200までをカバーする。
Contaxの単焦点で言えば25〜180を網羅する。
写りは申し分ない。
このレンズに文句をつけられるほどの腕を
僕は持ち合わせていない。
でも、Contaxとはニュアンスが違う。

もうすぐIS搭載機が出るのではないかと噂されているのだけど、
僕はISにあまりこだわっていないので待つ必要はない。

このレンズに対して不安要素がなかったわけはない。
長端が70mm。
使用頻度が高い位置で切れていることだ。
標準ズームとして日常的に使うには、
ちょっと無理があるかもしれない。
腰を据えて撮るためのレンズになりそうだ。
とにかく使って見なければ分からない。

5DIIでの作例はこちらから
by musapoo | 2010-01-10 23:12 | Item
  :::: EF28-135mm ::::::::
なんでまた、評判のぱっとしないズームレンズを、
それも中古で手に入れることになったのか。
う〜ん、いまだに自分自身に???である。

とりあえず自分なりにまとめてみたい。

このレンズを購入するにあたっては、
自分としても納得詰めで決定した訳ではなく、
ちょっとした勢いで決めてしまった。
買い方としてはいい買い方ではない。

でも、「これしかないよな」という思いもあった。

現在、販売されている標準ズームは、
純正を含めて数えきれないほどある訳ではない。
これまでにも触れてきたけれど、
僕が一番必要としているのは35-85mm程度の低倍率の物でいい。
それでF2.0や2.8だったら悩まず購入に走るだろう。
でも、それが存在しない。

暗いけれど画角的に近い28-105mmというのがある。
昔、EOS-55を購入したときについてきたレンズだ。
実際に使ってきたし、
OlympusのE-1で換算して同じ焦点範囲のズームも使ってきた。
画角的に使い勝手は悪くない。
でもあとちょっと望遠側が欲しいと感じるときがあった。
その上、このレンズ、だいぶ乱暴に使ってきたせいで、
肝心なときに失敗したことがあり、
信頼感がなくなってしまった。
だから、同じズームを買い替える気にはなれない。

まだもやもやした状態だったけれど、
時間が空いたときにカメラショップを回ってみた。

店頭に並んでいるレンズは、
どれもズーム比が高倍率のものばかりだ。
広角側も望遠側も
「そこまではいらないよ」
というものばかりだ。
まぁ、あってもいいんだけど、持て余してしまうことは間違えない。

ズーム2本体制というのも有りだけど、
あくまでもメインはMF単焦点レンズのため、
ズーム2本はきつい物がある。
その上、資金がない。
ズームでメインレンズとなりうるものは、
高価でとても手が出ない。

今回、僕が手に入れたかったのは、
家族や仕事で、ちょこちょこ撮るためのレンズだ。
レンズを替える手間もなく、
ピント合わせもお任せできるAFズーム。
できれば標準域を中心に望遠側にも広角側にもバランスのいいもの。
28-105mmは全然見かけない。
でも、28-135mmが1本目の前に出てきた。
未使用のアウトレット品。

MF単焦点では35mmと85mmの2本か、
28mm50mm135mmの3本で気持ちよく撮っている。
だからその焦点距離をカバーできるのは、
たぶん、このレンズしかないのだ。

暗いし甘いし流れるしボケないし、
絵作りの側面では、大して期待できる訳ではないけれど、
でも、瞬間的な撮影にはもってこいのレンズであることは間違えない。

とりあえず、単純なスナップにはこの1本。
それに加えてちょっといい写真もねらうなら、
35mmと85mmの2本か50mm1本を一緒に持つ。

そう、狙いは家族旅行セット。
撮影旅行ではない。

それにしても、
35-85mmのF値固定の明るいズームレンズをどこか作ってくれないだろうか。
単焦点並みの画質とボケを堪能できるマニアックなレンズを。


追記+.・*.・+.°∴´:.・¨∴*.+°.・*.+∵。+.・2010.1.11
なんと、このレンズ、部屋を片づけている時にフローリングへ直撃。
レンズにヒビこそは入らなかったけれど、
ズームが28から50mmのところまでしか効かず、
ピントも外れてしまっている。
たぶん、これだけのダメージを与えたことは、
僕のカメラ人生の中で初めての経験だ。
奇跡的に、僕はカメラやレンズを落とすということがなかった(2度倒すことはあったが)。
だから、頭の中が真っ白になるほど悔しかった。
手に入れた目的を順調にこなし始め、
ようやく僕が馴染んできたころだったのでなおさらだ。

修理にどのぐらいかかるだろうか・・・。
修理をしてこれまで通り不安なく使えるだろうか・・・。
運動会でも難なくこなせる他のレンズに乗り換えようか・・・。
思案に暮れる日が続いている。

5DIIでの作例はこちらから
by musapoo | 2009-08-04 00:06 | Item