目に映りし物は「虚」、内に満たさんは「空」。よって「無」の境地に至らん。されば万物の「理」を捉え、万事の「真」を感ぜり。これぞ世を写さんとする「道」なり。
by Musapoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
The Stage unde..
at 2017-06-22 18:51
Summer Garden
at 2017-06-21 20:45
湧き上がるもの
at 2017-06-20 20:15
託す
at 2017-06-12 18:09
花盛り
at 2017-06-11 19:13
野辺にて
at 2017-06-10 19:39
ハクチョウゲ
at 2017-06-09 19:35
近所のお庭
at 2017-06-05 18:10
灯火のように
at 2017-06-03 18:47
森の道
at 2017-06-02 17:56
at 2017-05-27 18:57
大木
at 2017-05-25 18:41
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1091)
(668)
(459)
(398)
(237)
(204)
(202)
(199)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(104)
(82)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: カテゴリ: ├Timberline( 25 ) ::::::::
  :::: カラマツの実 ::::::::
b0064396_18444882.jpg


2300m付近にも小鳥がいて、
カラマツの実をつついているようだった。
by musapoo | 2013-10-24 18:47 |  ├Timberline
  :::: ダケカンバ ::::::::
b0064396_187578.jpg


広葉樹として一番標高の高い場所で生息するダケカンバ。
真っ直ぐ上に延びる個体はほとんど見当たらない。
by musapoo | 2013-10-18 18:09 |  ├Timberline
  :::: ガレ場の庭園 ::::::::
b0064396_17595217.jpg


久しぶりに親父と二人で出かけた。
といっても富士山の五合目だ。
宝永山の東ルートではなく、
かつて大沢崩れまでいっていた西ルートを歩いた。
獣道化した微かな形跡を辿って出たのがこのガレ場。
上は黒っぽい溶岩の岩盤で
それが崩壊して下の火山礫層が表面に出てガレ場になった。
火山礫層の下の溶岩層がすでに剥き出しになっているところもある。
ザラザラとした火山礫に根を下ろして
パイオニアプラント達が最後の輝きを放ってた。
by musapoo | 2013-10-18 18:06 |  ├Timberline
  :::: ベニバナイチヤクソウ ::::::::
b0064396_1825788.jpg


マクロ持ってなかったから寄り切れなかったなんて言い訳はしたくない。
こういう場面に出会った時にまわりと組み合わせて
しっかり物にしないといけないなぁと思う1枚。
by musapoo | 2013-07-17 18:06 |  ├Timberline
  :::: 露を結ぶ ::::::::
b0064396_18135137.jpg


宝永山の付近。
名前はまだ調べていない。
吹き上げてくる水蒸気を、
こうして受け止めている。
僕やカメラは濡れてないのに、
どうしてなのか不思議だった。
by musapoo | 2013-07-16 18:17 |  ├Timberline
  :::: オンダテ ::::::::
b0064396_2343211.jpg


そうそうこの近く。
画面右側10m付近でばっさりと落ちている。
富士山って稜線が滑らかに見えるけれど、
かなり荒々しいのだ。
そんなところにコロニーを作っているパイオニアプラントの代表格、
オンダテだ。
赤い花が咲くのは名月草と言われているようだ。
by musapoo | 2013-07-11 23:45 |  ├Timberline
  :::: ハイマツ ::::::::
b0064396_2073858.jpg


森林限界。
パイオニアプラント達が根を張って砂礫を固定しないと、
ダケカンバなどの大きな木が入り込んでこれない。
ここではハイマツが堤防の役目をしていた。

ところで明日の0時から9月1日24時まで、
一般車両の5合目までの乗り入れが禁止される。
50日近くの制限は初めてだ。

それから、富士宮と吉田口などの登山道沿いにある山小屋の
宿泊できるキャパは全て合わせておよそ5、000人。
今年の登山者数予想は10,000人。
全員が宿泊するわけではないけれど、
予約無しで泊まることはほぼ不可能かと思う。
そうなると緊急避難が困難になる。
登山者数の制限を設けようとする動きと、
それを阻止する動きがぶつかりあっているという。
大切なのは何か。
人命と自然であるということだけは忘れないで欲しい。
by musapoo | 2013-07-11 20:18 |  ├Timberline
  :::: イワツメグサ ::::::::
b0064396_21515351.jpg


ミヤマハコベがあった〜と喜んでみたけれど、
似ているけれど何となく違う。
家に帰って調べるとイワツメグサらしい。
ゴロゴロザラザラとした山肌でも
こうして根を張って生きている。
by musapoo | 2013-07-05 21:55 |  ├Timberline
  :::: フジハタザオ ::::::::
b0064396_1810553.jpg


この季節は下界では晴れ間が見えても、
富士山はだいたい霧の中。
自家用車の5合目までの乗り入れが禁止される前に
5合目まで行ってきた。

今回、目についたのはこの白い花。
フジハタザオ。
去年は花が終わっていて種の状態だったから、
花を見ることができて嬉しかった。
by musapoo | 2013-07-04 18:14 |  ├Timberline
  :::: 青空とカラマツ ::::::::
b0064396_1891557.jpg


遠くに見える山は南アルプスだ。
空とカラマツの両立に手間取ってしまった。
カラマツの黄色だけを調節した。

Mountains visible in the distance is the Southern Alps.
Balance between the sky and the larch was difficult.
I just adjusted the yellow larch.
by musapoo | 2012-11-11 18:13 |  ├Timberline