目に映りし物は「虚」、内に満たさんは「空」。よって「無」の境地に至らん。されば万物の「理」を捉え、万事の「真」を感ぜり。これぞ世を写さんとする「道」なり。
by Musapoo
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
The Stage unde..
at 2017-06-22 18:51
Summer Garden
at 2017-06-21 20:45
湧き上がるもの
at 2017-06-20 20:15
託す
at 2017-06-12 18:09
花盛り
at 2017-06-11 19:13
野辺にて
at 2017-06-10 19:39
ハクチョウゲ
at 2017-06-09 19:35
近所のお庭
at 2017-06-05 18:10
灯火のように
at 2017-06-03 18:47
森の道
at 2017-06-02 17:56
at 2017-05-27 18:57
大木
at 2017-05-25 18:41
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1091)
(668)
(459)
(398)
(237)
(204)
(202)
(199)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(104)
(82)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: <   2007年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧 ::::::::
  :::: 春爛漫 ::::::::
b0064396_17223623.jpg


今年は撮り損ねるかもしれないと思ったけれど
なんとか撮ることができた
一仕事を終えて早めに仕事場をでた日
山に日が入って柔らかい空気が漂っていた
by musapoo | 2007-03-31 17:31 |  ├Piece of Town
  :::: 木の花 ::::::::
b0064396_16475249.jpg


近所の家に咲く花

木だけに絞ったものも撮ったけれど
今回はこちらを選択した
by musapoo | 2007-03-30 17:03 |  ├Piece of Town
  :::: なずな ::::::::
b0064396_1264260.jpg


3月中旬の休みの日に
2番目の子と 二人だけで
いつもよりずっと遠くまで散歩に出かけた
芝川を渡って対岸の田園へ大冒険だ
学区が違う場所だから
子どもの頃の僕にとってここは異国だった
by musapoo | 2007-03-29 23:24 |  ├In the Field
  :::: 春の色 ::::::::
b0064396_19372080.jpg


フィルムが上がってきた
思ったよりもいい感じに撮れていて
ホッとした
by musapoo | 2007-03-28 19:38 |  ├In the Field
  :::: もう昔の話(在庫) ::::::::
b0064396_18235523.jpg


来年までもうこんな日はこないだろう
寒い日だからこそ朝日が待ち遠しい季節
by musapoo | 2007-03-27 18:28 |  ├With Soil
  :::: 陰(在庫) ::::::::
b0064396_16372117.jpg


まだ春の色が濃くならない頃
by musapoo | 2007-03-26 16:37 |  ├Go to the Road
  :::: 地の神 山の神(在庫) ::::::::
b0064396_15541310.jpg

by musapoo | 2007-03-25 16:04 |  ├Prayer
  :::: 柱(在庫から) ::::::::
久能山東照宮のシリーズで在庫になった柱の写真
b0064396_2329537.jpg


今日の夕方
一つの仕事が仕上がったので
まだ日が出ているうちに外にでた
そして数日前に熱を出して病院にいく途中で見付けた
モクレンの大きな木を見に行く
そこでフィルムが1本終わった
数週間をかけてめでたく1本を撮り切った
時間がかかった1本だ
始めの数コマは何を撮ったのかも覚えていない
現像の上がる火曜日が待ち遠しい
by musapoo | 2007-03-23 23:37 |  ├Piece of Town
  :::: 復調の気配 ::::::::
それまで数日続いていた微熱(37.5)が一度下がった後
18日の夜になって38.4まで上がり
月曜の朝になっても下がらなかった
ついにインフルエンザの順番が回ってきたのか・・・と

結果から言えばインフルエンザではなかったし
病院でもらった薬が効いたようで熱は下がった

今日の午後は久しぶりに一人の4時間
静かに蒲団に入って体力を蓄える
夕方目が覚めると部屋が明るい
曇りがちだった空が晴れていた
試しに20分ほどカメラを持って散歩に出かけた
目に留まるものはいっぱいあった
ちょっと安心
でも焦点が定まらない
目に留まっても
それをどう撮りたいのかあいまいなのだ
あいまいだけどそれで今はいい
撮っていくうちにまた焦点がはっきりしてくるはずだ

それにしてもあれだけ毎日写真を投稿し続けて
あれだけ毎日ブログを見続けてきた自分が嘘のように
ここ十数日間写真からはなれブログからはなれていた
このままブログを忘れてしまうんじゃないかって思えるぐらいに
きっといろいろなことが重なって
一度自分をリセットしなくちゃいけない時だったのかも知れない
それで何が変わる訳じゃないけれど
とにかくそんな気がしている

取りあえず今日だけで20枚撮ることができた
できはどうであれ復調の兆しだ
自分が写真を撮りたがっていることを実感できただけでも
とってもいい感じだ
by musapoo | 2007-03-22 01:17 | Idle talk
  :::: 手軽に上質を楽しもう ::::::::
35mmフィルムレンズの最高傑作かもしれない
‖B28/2.8(G)‖P45/2.0‖S90/2.8‖
Gシリーズはコストパフォーマンスが非常に優れている。
安いのに描写力は35mm一眼レンズを凌駕する。
レンジファインダーでAFという特殊な環境で、
なかなか他のボディにつけられないのが惜しいところ。
それからまったりとした場面ではAFが迷うことが多く、
時として風景写真ではストレスがたまる。
だから、気軽にバシャバシャ撮る
スナップに適していると割り切って使うようにした。

○Carl Zeiss Biogon 28mmF2.8(G)
現有するGシリーズでは一番最後に手に入れたレンズ。
最初のフィルムでその描写にはメロメロになってしまった。
28mmは僕にとって鬼門の画角で、
これまで単眼で4本の28mmを使ってきたけれど、
なかなかこの画角を使いこなせなかった。
でもこのレンズは苦手な画角なのに、
これでなければ、という気持ちになる。
できあがったポジを覗き込むと、
あの小さな四角の中に空間が広がっているのだ。
デジタル化してプリントアウトしたものでも、
その出来上がりには大きな差がつく。

○Carl Zeiss Planar 45mmF2.0(G)
45mmといえば、ちょっと広角という意識が働くけれど、
できあがった写真は中望遠並の柔らかいボケに包まれる。
それなのに、ピントがキチッとはまっていて発色も見事だ。
なによりも物の立体感がすごい。
平面なのに立体なのだ。
このレンズも僕に勇気を与えてくれる。

○CarlZeiss Sonnar 90mmF2.8(G)
ピントを外すことが多いと言われ、
Gシリーズの中ではちょっとマイナーな存在。
でもSonnarの抜けのよさを持ちながら
Plannarの艶やかさも持っているという、
1本で2度おいしい贅沢なレンズ。
風景写真ではMFに切り替えて撮影することが多く、
軽快に撮ることができないけれど、
なくてはならない中望遠だ。
by musapoo | 2007-03-17 22:43 | Item