目に映りし物は「虚」、内に満たさんは「空」。よって「無」の境地に至らん。されば万物の「理」を捉え、万事の「真」を感ぜり。これぞ世を写さんとする「道」なり。
by Musapoo
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
今年の桜の最後のショット?
at 2017-04-22 20:15
違和感
at 2017-04-21 21:22
ふわふわ系
at 2017-04-20 22:34
この感じ
at 2017-04-15 21:00
さくら
at 2017-04-14 18:25
桜に囲まれて
at 2017-04-13 21:48
野も負けじと
at 2017-04-05 21:57
雪のごとく
at 2017-04-04 21:39
モクレンの咲く風景
at 2017-03-30 19:22
地味だけど
at 2017-03-29 17:25
そう 咲くのです
at 2017-03-26 21:16
この樹型が素敵なのだ
at 2017-03-25 20:56
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.


Instagram
iPhoneでお気楽写真

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**


ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**












フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1081)
(667)
(459)
(398)
(237)
(204)
(202)
(199)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(93)
(82)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: <   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧 ::::::::
  :::: 動脈 ::::::::
b0064396_1232970.jpg

夕暮れでは写し切れなかった様子。
日本の大動脈3本(東海道本線、東名、国1)を見下ろすように
今、ビワが見事になっていた。
しぞーかって不思議な場所だって
つくづく感じてしまうシーンの1つだ。

夕暮れの青い色がなくなり、普通の景色になった。
by musapoo | 2008-05-31 12:36 |  ├2008興津・由比
  :::: ::::::::
b0064396_188344.jpg

シラス漁だろうか
船がたくさん出てきていた
by musapoo | 2008-05-30 18:09 |  ├2008興津・由比
  :::: 薩埵(さった)峠 ::::::::
b0064396_1955341.jpg

珍しく有名所に行ってきた
唯一ともいうべき元同僚の写真仲間と
のんびりと出かけてきた

夕暮れどきと次の日の午前中
残念ながら曇っていて富士山は見えない
でも富士山なしでもなかなかよかった

今回は気分的に50mmだった
5本編成で出かけたけれど
結局ほとんど50mmをつけていた

ところでこれは
東名高速道路と国道1号線
その先に見えるのは富士方面の街の明かり
バルブで光跡にするのも良いと思った
でも今回は急峻な山と海にはさまれた狭い場所に
日本の動脈が走っているという実感を出したくて
通常のシャッター速度にした
といっても日暮れからだいぶ時間が経っていたため
SSは1/15ほど
by musapoo | 2008-05-29 20:15 |  ├2008興津・由比
  :::: ::::::::
b0064396_21135665.jpg

昨日の写真の左の方にちょこっと見える網
by musapoo | 2008-05-28 21:14 |  ├With Soil
  :::: ::::::::
b0064396_18182254.jpg

家の裏にある畑をベランダから撮影
by musapoo | 2008-05-27 18:19 |  ├With Soil
  :::: アカバナユウゲショウ(かな・・・) ::::::::
b0064396_2052148.jpg

by musapoo | 2008-05-26 21:05 |  ├In the Field
  :::: あざみ ::::::::
b0064396_7383118.jpg

この花が咲くと梅雨入りまであと少し
by musapoo | 2008-05-25 07:41 |  ├In the Field
  :::: しぞーかだから ::::::::
b0064396_1232379.jpg

こういう風景はいたるところにあって
いざ撮ろうとするとどう切り取っていいのか分からなかったりする
今回は35mmと28mmのレンズの使い分けを
自分なりに模索しながら撮っていた
結果的にはこの場面は35mmのほうがよかった

・・・何回読んでも言いたいことがうまく表現できていない・・・

こういう場所では35mmでも28mm的な使い方ができる
広々と撮ろうという場面では
どちらのレンズを選択してもいいのではないかと思う
特にこうしたある程度広いところでは35mmでも十分だ
でも先日の富士山と田んぼの写真のように
少し狭いところを広くしたいなら28mmはかかせない
画角が違うことによって撮れる範囲が変わる
当然といえば当然だ
当たり前のことだ
ただそれは単に画角の違いに過ぎない
画角に違いは立ち位置でカバーできる場合が多い
28mmの存在理由は
もっと他のところにあるのではないか
そこに僕は引っ掛かっている
だから自分なりにあれこれ考え
なんとか納得して落ち着きたいのだ

単焦点レンズに色々な焦点距離があるのは
第一に画格の違いによる撮れる範囲の違いを持たせるためである
これは間違えないと思う
でも他にも違いがあるのではないかと感じているのに
僕にはそれが掴み切れていない
前回は
「広さというかその空間自体を主役にするならば28mm
主役がはっきりしていて主役を包む空間をいかすなら35mm」
と僕なりに答えらしきものをひねり出した
でも今回はちょっと違っていた

28mmは空間だけでは弱くなってしまう
28mmにも空間の中に主役があって
それもかなりの存在感のある主役があって
その主役と空間の相互関係のような
エネルギーの流れというか
空気感というかわからないけど
そういうものを28mmのほうが出しやすいのか・・・
35mmよりもよりダイナミックに空間を撮る

35mmの方が主役にウエートがかかり
28mmは空間の方にウエートがかかるけれど
空間に負けないぐらいの存在感がないとならない
う〜ん・・・
うまく言葉にならない

ところで話は変わって50mm
35mmは28mm的にも撮れるし50mm的にも撮れる
85mmは135mm的にも撮れるし50mm的にも撮ることができる
35,50,85mmの3本を持ち歩くと
50mmの出番が少なくなってしまうのは自然なことのように思う
だから逆にあえて50mmだけで今日は撮影してみた
50mmは85mm的にも35mm的にも撮ることができるため
実際に撮って見ると50mm1本だけの方が50mmを活かせる気がした
ほとんど50mmだけで交換なしに撮影することができた

35,85mmペアーから35,50,85mmトリオにしたけれど
35と85があればそれほど困らないので
最初の頃の選択は間違えではなかったような気がする
それから50mm1本でもなかなかいける
まぁ出張の時は45mm1本だから
ほれほど大きな違いではないかな

なぜこれだけ焦点距離にこだわっているのか
別にこだわらなければこだわらなくても良かった
ズーム時代はそんなこと気にしていなかった
でも単焦点を複数持つことにより
どのレンズを持って行くか悩むようになり
それを解決するには表現の違いを掴むしかない
そういう思いが強くなったからだ

画角の変化だけで焦点距離の違いによる表現の違い
それはずっと掴めないかも知れない
でも考えていくだけの価値があるような気がする
by musapoo | 2008-05-24 12:25 |  ├With Soil
  :::: おたまの季節 ::::::::
b0064396_17154127.jpg

恒例行事のように
家の外には
オタマジャクシの水槽が・・・
無事にカエルになってくれるだろうか
by musapoo | 2008-05-23 17:17 |  ├Dear Time
  :::: 黄色い花 ::::::::
b0064396_19275687.jpg

ここは桧の苗木が植えられているところ
苗木よりもこの花が目立っていた
昨日通りかかるともう盛りが過ぎていた
by musapoo | 2008-05-22 19:30 |  ├In the Field