目に映りし物は「虚」、内に満たさんは「空」。よって「無」の境地に至らん。されば万物の「理」を捉え、万事の「真」を感ぜり。これぞ世を写さんとする「道」なり。
by Musapoo
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
フジザクラ
at 2017-04-24 21:29
今年の桜の最後のショット?
at 2017-04-22 20:15
違和感
at 2017-04-21 21:22
ふわふわ系
at 2017-04-20 22:34
この感じ
at 2017-04-15 21:00
さくら
at 2017-04-14 18:25
桜に囲まれて
at 2017-04-13 21:48
野も負けじと
at 2017-04-05 21:57
雪のごとく
at 2017-04-04 21:39
モクレンの咲く風景
at 2017-03-30 19:22
地味だけど
at 2017-03-29 17:25
そう 咲くのです
at 2017-03-26 21:16
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.


Instagram
iPhoneでお気楽写真

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**


ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**












フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1082)
(667)
(459)
(398)
(237)
(204)
(202)
(199)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(93)
(82)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: <   2009年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧 ::::::::
  :::: ちょっと足を伸ばして ::::::::
久しぶりに単独で出かけた。
まだ子どもが小さかったとき行った富士山麓の遊歩道。
また子どもを誘っていきたくて
3週間前から行こうと言っていたけれど、
風邪だ宿題だ、で行けなかった。
しょうがないのでぽっかり空いた時間に一人で出かけた。
少し時期が遅かったけれど木々の中を、
たっぷりと歩き回ってきた。
風にゆられてざわつく落ち葉の音など、
久しぶりに日常から離れた感じだった。


同じ場面をRawから現像した物と、
Jpg保存された物をそのままリサイズした物をアップ。

Rawから
b0064396_18135670.jpg


Jpgから
b0064396_18143585.jpg


Rawからの現像時に僅かに調整したとはいえ、
Jpgからのものより発色がいい。
でもドギツくなって
作られた色調のように見えるかもしれない。
by musapoo | 2009-10-31 18:25 | 山┬Fuji
  :::: 秋の花 ::::::::
b0064396_19102494.jpg


曇りの夕方近くなって撮影した。
ちょっと陰鬱な色調になってしまった。
でもこれはこれで秋の情景の1つと思ってる。
by musapoo | 2009-10-30 19:13 |  ├In the Field
  :::: 黒モップの連続写真 ラスト ::::::::
後ろから、そーっと行って・・・
b0064396_19181930.jpg


あ〜みつかっちゃった。
b0064396_19193368.jpg


小僧がジャンプ。
b0064396_19201913.jpg


黒モップもジャンプ。
b0064396_19204615.jpg


この二人の関係は対等らしい。
小僧が居間で寝てしまって抱っこして運ぶと、
跳びついてきてやきもちをやく。
一緒に遊ぶと間に割り込んでくる。
もしかすると黒モップ自身は
自分の方が上だと思っているかもしれない。

+.・*.・+.°∴´:.・¨∴*.+°.・*.+∵。+.・

長らく引っ張った黒モップにおつき合いいただいてありがとうございます。
現在の自分の犬写真は、これが精一杯です(^_^;)

犬の可愛さというよりも
遊び盛りのやんちゃな犬の姿ばかりになってしまったのは、
黒モップのそのままの姿と言えば言えるのかもしれない。
時々見かける同じ犬の上品さのかけらもない我が家の黒モップ。
まぁ、ありのままの姿を撮ることができたというところで、
このシリーズを終わります。
by musapoo | 2009-10-29 19:39 |  ├Dear Time
  :::: 黒モップ3 ::::::::
昨日の場所を反対側から撮るとこうなる。

b0064396_19542930.jpg


昔、父が出入りしていた写真屋の親父さんが、
この川に来て写真を撮っていたらしい。
ここでは50mmで充分だといっていたのを僕も覚えている。
当時はまだ理解できない話しだった。

大人になって何度もこの川を撮っているのに、
未だにこの川の良さが見えてこない。
これは悔しい。
でも、あきらめずに続けていけば、
きっと見えてくるものもあるかもしれない。

そんなこと考えていると、
やつがやってくる。

b0064396_207353.jpg

へっへっへ、そっちは行き止まりだよ。

b0064396_207555.jpg

困ってる困ってる。

b0064396_2084048.jpg

そうきたか。
そっちに行くんだ。
また、遊び行っておいで。
その間に仕切り直し・・・

・・・

b0064396_209426.jpg

もどってきた・・・(T_T)



犬の写真なんて元々可愛いんだから
どう撮っても可愛く写ると思っていた。
でもそう簡単にはうまくいかない。
川の写真も探し出したいけれど、
こやつの可愛い写真をどう撮るか。
またまた悩みはつきないε=(-。-)
by musapoo | 2009-10-28 20:17 |  ├Dear Time
  :::: 黒モップ ::::::::
b0064396_19271728.jpg


ここの流れが複雑で面白かった。
溶岩流の低いところを縫うように水が伝ってくる。

1枚撮って縦位置に構え直すと、
遠くにいたはずの黒モップが、
一目散に駈けてきて、
b0064396_19273451.jpg

                      


そしてそのまま・・・


b0064396_19275359.jpg


僕に前足アタックを決めてくれた(T_T)
                       切るのがちょっと早かった・・・


水遊びをしてびっしょりのままだから、
僕のズボンもびっしょりになるし、
おまけにバランスを崩して、
危なくカメラを持ったまま川へ落ちそうになるし、
このあと身震いをしてまき散らした水滴が、
フィルターに飛びついていたし、
困ったもんだ(ToT)

もしかするとシャッター音に反応するのかもしれない。
いない間にしめしめと思ってシャッターを切ると、
すっ飛んでくる。


写真で見ると・・・
・・・舌を出したまま突っ走ってくるのは、
ちょっと変じゃないかい?
by musapoo | 2009-10-27 19:41 |  ├Dear Time
  :::: 今日から黒モップの写真をしばらく ::::::::
b0064396_18445365.jpg


この曲線が何とも色っぽい、
とカメラを構えていると、
邪魔をするやつが来るのである。

b0064396_18481189.jpg


何気なく水を飲む振りをして、
こやつはなかなかの確信犯かもしれない。

先週は留守番だったけれど、
今週は一緒に散歩に出かけた黒モップ。
僕が立ち止まると必ずと言うほどやってくる。

今日からしばらく犬ネタの連続写真。
組み写真ではなく連続写真をアップする予定。
by musapoo | 2009-10-26 18:50 |  ├Dear Time
  :::: マスの淵 その後 ::::::::
先日アップしたマスのいた淵はこんな感じだった。
b0064396_236492.jpg

水はこの奥の下に少しだけ残っていた。

今日いってみるとこんな風になっていた。

b0064396_2383985.jpg


水が流れ込み、いつもの淵に変わっていた。
こうやってみると結構深いことが分かる。

マス達はまだこの水底を隠れ家として、
きっといるに違いない。
by musapoo | 2009-10-25 23:12 |  ├River
  :::: 枯れ野 ::::::::
b0064396_2124926.jpg


冬に向かってうつっていく。
朝夕が涼しさから寒さに変わってきた。
家では暖房を入れるようになった。
もうすぐ夜明け頃の気温が10℃を切るだろう。
紅葉の季節も山から里に下りてき始めた。
by musapoo | 2009-10-25 21:26 |  ├In the Field
  :::: 柿と富士山 ::::::::
b0064396_1812231.jpg


ちょっと前に85mmで撮影した写真をアップしたけれど、
35mmのこの写真も時間が経つにつれ
お蔵にするにはもったいないように思えてきた。
85mmの方がかえってありきたりに見えてきた。
不思議な物だ。
時間のフィルターをかけると写真の捉え方が違ってくる。

まぁ、考えてみれば、
同じ場所で85と35両方で撮影しているってことは、
その時にも迷いがあるからなんだと思う。

調子がいいときには1つのレンズで決め撮りする。
もうこれしかないって言うぐらいに。

もちろん、この場所自体、
色々な焦点距離で撮影できるという、
風景としての包容力があるのだと思う。
でも、時間が経つにつれ見方に変化するってことは、
僕自身にはあまりいいことではないように感じている。
by musapoo | 2009-10-24 18:19 | 山┬Fuji
  :::: いつもの川とは ::::::::
b0064396_18264088.jpg


いつも散歩に使っている川はこんな感じ。
川幅はそんなに広くない。
でも最大の特徴である溶岩流の上を流れている、
というのをこの写真で見ていただけると思う。

川底がこうして溶岩で守られているため、
僕の住む谷は深くならずに
ゆったりとした斜面で形成されている。
でも、もう少し南に下ると底が抜けたようになり、
急に谷が深くなる。
by musapoo | 2009-10-23 18:34 |  ├Piece of Town