きれいなものをより美しく、なんていう下心はとうの昔に捨てました。
by Musapoo
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
里芋
at 2017-09-24 09:10
ジニア その後
at 2017-09-23 19:18
もう一つの彼岸花
at 2017-09-22 18:14
灯す
at 2017-09-16 15:23
フェンス
at 2017-09-15 21:39
めっきり秋めいてきました
at 2017-09-08 19:31
稲穂
at 2017-09-07 17:42
稲刈り
at 2017-09-06 14:07
この感じを出したかった
at 2017-09-05 21:07
秋の草
at 2017-09-01 18:31
無花果の葉
at 2017-08-31 18:38
小さき花
at 2017-08-30 19:41
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1112)
(674)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(199)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(104)
(82)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: <   2010年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧 ::::::::
  :::: 桃のある景色 ::::::::
b0064396_203962.jpg


花だけでもいいけれど、
風景の中の花もいい。
by musapoo | 2010-03-31 20:45 |  ├Piece of Town
  :::: 名残雪3景 ::::::::
今日は晴れて昨日の雪もすぐ消えた。
でも寒かった。


つばき
b0064396_2135440.jpg

これはそれほど珍しい光景ではないとは言え、
撮らないわけにはいかなかった。
つばきの赤が雪に包まれて、
余計に目を引く存在になった。


ヒメオドリコソウ
b0064396_21351644.jpg

暖かくなってからぐんぐん伸びるこの草が、
こんな風に雪に包まれるのは珍しいか。
近くにはホトケノザもあったけれど、
みんな雪の重みで首を垂れてしまい、
うまくまとめられなかった。
ま、こっちもうまくまとまっているかと言えば、
そんなでもないんだけど・・・(^_^;)


神社の桜
b0064396_2136334.jpg

135mm端で撮影。
間合いが遠くなった分、雪の量も多くなって、
降りしきる感じが出せた。
この写真は現像時に色調を調整した。
雪の部分でホワイトバランスをかけた。
どんよりと曇っていたため、
青味が強く出るのはしかたない。
普段だったらそのまま青身が強いままでいくところなんだけど、
この写真に限っては桜の淡い色を少しだけ浮き上げたかった。
青味が強い中では淡いピンクが完全に埋もれてしまっている。
雪を白にすることで青味を除いて花の色を上げることにした。
ただ、花は浮き上がってきたけれど、
全体的に暖色系になって冷たさが消えてしまった。

他には、赤だけを持ち上げる方法もあった。
青味はそのままで花だけを強調することができる。
でも、ちょっと不自然になってしまう恐れがあったので、
その方法は行わなかった。

この辺りのことは、もうそれぞれの好みによって分かれるところだ。
僕の原則は撮ったままの色調を維持すること。
だから、意図的に色調を変えたことで、
ちょっと落ち着かない感じがすることは確かだ。
by musapoo | 2010-03-30 22:04 |  ├In the Garden
  :::: 名残雪 ::::::::
b0064396_20584586.jpg


桜が咲き始めたのに、
今日は大雪警報が発令された。
職場の周りには雪が降りしきり、
桜にも桃にも雪が積もった。

偶然にも午後から休みをもらっていたので、
こうして写真を撮ることができた。

今日持ち歩いていたレンズは最強ペアーと、
修理が終わった28-135mmの標準ズーム。
湿った雪が降りしきる中だったのでズームを選択。
僕の持つレンズ唯一のIS付き。
薄暗い中でもピタッと画面が止まるのがなんとも心強い。
by musapoo | 2010-03-29 21:08 |  ├In the Garden
  :::: もも ::::::::
b0064396_198235.jpg


さらに別角度。
霞むような雰囲気を撮りたかった。
ああ、でも、ちょこっと電信柱が顔を出している(^_^;)
by musapoo | 2010-03-28 19:10 |  ├In the Garden
  :::: もも ::::::::
b0064396_2114030.jpg


半逆光では暗くなってしまった桃の花も、
順光ではこんな感じになる。
朝日の赤味が強く出るけれど、
こんなにしっとりとした雰囲気になる。
by musapoo | 2010-03-27 21:19 |  ├In the Garden
  :::: もも ::::::::
b0064396_1727418.jpg


明るくなるとここは、
カメラマンが入れ替わり立ち替わり撮っていく。
だから朝早いうちでないと行く気になれない。

でも、さすがに早すぎる。
せめて花の色が出るぐらいに撮りたかった。
by musapoo | 2010-03-26 17:34 | 山┬Fuji
  :::: ::::::::
b0064396_23483185.jpg


朝日を浴びて花が咲いていた。
by musapoo | 2010-03-25 23:52 |  ├In the Field
  :::: 昨日の場所で昼に撮った物 ::::::::
b0064396_192574.jpg


ここは絞るべきだったか。
後ろの木が桜なのか何なのか、
これではさっぱり分からない。

モクレンのつぼみに焦点を当てたのだけど、
その主役も咲いてないのでぱっとしない。

次の休日にまた行って見ようかな・・・。


昨日、職場の先輩がこの近くを通りかかったらしい。
そして、細い道に路上駐車している車の話をした。
もちろん、その車は写真を撮るために来ている人の車だ。

この季節、結構憂鬱になる理由の一つとして、
近所に来るカメラマンの存在がある。
ぼくの住む地区の人たちは、
「カメラマン=図々しい連中」
という位置づけをしてしまうほど、
マナーの悪いカメラマンも集まってくる。
同じ写真を撮る者として肩身の狭い思いをせざる得ない。
by musapoo | 2010-03-24 19:16 | 山┬Fuji
  :::: 枝のシルエット ::::::::
昨日は結局穴を空けてしまった。
アップできる写真はあったのだけど、
アップする時間がなかった。
去年まではDVDに直接印刷することができたのに、
今年はどういうわけかできなくなってしまった。
夜の10時に帰ってきてから、
思いつく対処法にトライして、
日付が変わる頃、ようやく見つけ出した。
もう、数日からかっていたので、
半ば諦めムードも漂っていたので、
動き出した時には嬉しかった。
というより、ちょっと自分に頭にきた。
単純なことを忘れていたのだ。
原因はいたって簡単だった。
ドライバを最新のものに入れかえたところまではやっていた。
でもそのあとプリンターを登録し直していなかったので、
古いバージョンを保持し続けてしまっていたのだ。

これまでの時間はいったい・・・ε=(-。-)
それでなくても1日28時間ぐらい欲しい時期なのに・・・。


さて、写真のこと。
朝出歩いた時の咲きはじめた桜を見下ろす場所で35mm。
b0064396_18455099.jpg


桜の花と言うよりも枝のシルエットに魅かれた。
なんか、オドロオドロしい雰囲気が、
ちょっと病みつきになりそうな写真となった。

+.・*.・+.°∴´:.・¨∴*.+°.・*.+∵。+.・

結局、この3連休に風景写真を撮ったのは初日だけだった。
多くのカメラマンが出歩いて、
たくさんのいい写真を撮られたのではないかと思うと、
ちょっと悔しい思いもある。
おまけに、天気や花の状態が一番いい連休となったのに・・・。

まぁ、それもしかたない。
アイドル並に忙しい日々を送るのは、
ここ数年だけだと思う。
子どもが大きくなってしまったら、
こんなに忙しい思いをしたくてもできなくなる。
ま、そしたら好きなだけ写真を撮ることができるから、
その時まで撮れる時に撮れればいいさと、
自分で慰めている。
by musapoo | 2010-03-23 18:55 | 山┬Fuji
  :::: 富士山とモクレン ::::::::

b0064396_207175.jpg



b0064396_207593.jpg


立ち位置が少し変わった。
でもモクレンの位置はほとんど変わらない。
この違いは富士山の明るい部分の違いに因るものだ。
朝は、朝日に当たって明るくなっている部分が右側だけだ。
だから、富士山の重心が富士山の中心の右側にある。
昼は全面に日が当たっているので、
富士山の重心が富士山の中央にある。
その富士山の重心とモクレンの重心の位置関係で、
朝と昼に違いが生まれている(と解釈している)。

富士山は日が全面に当たってしまうと、
のっぺりと平面的になってしまう。
できるなら10時までに撮りたい。
ただ、10時ごろだと大沢崩れに陰が出て、
きれいとは言えない。
なかなか難しいところだ。
by musapoo | 2010-03-21 20:38 | 山┬Fuji