目に映りし物は「虚」、内に満たさんは「空」。よって「無」の境地に至らん。されば万物の「理」を捉え、万事の「真」を感ぜり。これぞ世を写さんとする「道」なり。
by Musapoo
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 └ブナ
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
ひまわり
at 2017-07-22 15:28
森に咲く
at 2017-07-21 19:56
森の中にて
at 2017-07-20 20:43
秋桜
at 2017-07-12 18:47
Leaves of Sunf..
at 2017-07-11 18:30
ヒオウギスイセン
at 2017-07-10 17:11
ユリ
at 2017-07-09 17:28
ジニア
at 2017-07-05 16:45
咲き始め
at 2017-07-04 20:22
The Stage unde..
at 2017-06-22 18:51
Summer Garden
at 2017-06-21 20:45
湧き上がるもの
at 2017-06-20 20:15
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1093)
(674)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(199)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(104)
(82)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: <   2014年 03月 ( 75 )   > この月の画像一覧 ::::::::
  :::: この角度はせつないなぁ(カタクリ) ::::::::
b0064396_21570805.jpg
距離感としてはすごく身近に感じる。
そっと抱き寄せられるぐらいの距離感。
でも、うつむいている姿には甘酸っぱい切なさを感じてしまう。

花をこだわって撮る時の気持ちって、
好きな女の子を撮る時と同じような感覚なのかもしれない。
ずいぶんと古い記憶なんだけど・・・・。







by musapoo | 2014-03-31 22:01 |  ├In the Field
  :::: 渡す ::::::::
b0064396_21514628.jpg

僕の暮らす地域(学区内)の南側を抜けていく。






by musapoo | 2014-03-31 21:53 |  ├つなぐ(送電線の旅)
  :::: ムスカリも咲いていた ::::::::
b0064396_21371909.jpg
28mmと85mmを持って歩いたあとに一度35mmと85mmに持ち替えた。
でも、気になることがあって35mmと135mmを試してみた。
ところが予想以上にこの組み合わせは僕にフィットしなくて
現在28mm、60mmマクロ、135mmの山歩きセットに切り替えている。
バックも2台と3本をうまく収納できるように組み換えた。

というのもちょっと行き詰まるというか見失うというか、
そんな状態なので気持ちというか視点を切り替えなくちゃならない。
その方法としていつもとは違ったレンズで写すというやり方をしている。

28mmと135mmは広角と望遠の基本の焦点距離だと言われているけれど、
僕はこれまでとても苦手としていた焦点距離だ。
ところが3回ほど持ち歩いたらいい感じになってきた。
なんか不思議な気持ちだ。

ただ、出てくる写真はやはり広角的であり望遠的であって、
これまでの僕の作風から見るとぎこちない所が見え隠れしている。

60mmマクロ:135mm:28mm=5:3:2ぐらいの日もあるし
5:2:3ぐらいの日もある。
もうしばらく望遠と広角を味わってから35mmー85mmまでの標準域にもどりたい。







by musapoo | 2014-03-31 21:50 |  ├萌え出ずる時(済)
  :::: 顔を見せて ::::::::
b0064396_13422448.jpg


無理にのぞき込むようなことをしなくたっていいのかも知れないけれど・・・。
自分的には不自然な撮り方。
by musapoo | 2014-03-30 13:44 |  ├In the Field
  :::: 桃と富士山 ::::::::
b0064396_13392120.jpg


数名の人が楽しそうに談義しながら撮影していた。
僕は一段土手をさがったこのポジションにした。
by musapoo | 2014-03-30 13:41 | 山┬Fuji
  :::: ツバキとバラは違うんだけど ::::::::
b0064396_1336710.jpg


自転車で2分ほどのお宅にはツバキがたくさん育っている。
遠くから近づいていく時気がついたのだけど、
僕の中ではツバキってバラと印象が近い。
だから撮り方も似た感じになる。
by musapoo | 2014-03-30 13:39 |  ├In the Garden
  :::: 富士山は屏風に描かれた絵ではない ::::::::
b0064396_16154811.jpg


富士山の写真を何千枚ととってきているけれど、
富士山が円すい形だってことを感じる写真はほとんどない。
それは僕の写真だけではなく世の中に出回っている富士山の写真も同じだ。
それは実際に見た富士山でさえ屏風に描かれた絵のように見えるからだ。
立体感を持った富士山を実感でないのだ。
でも昨日は違った。
時々こうした富士山って立体なんだと感じることができる日がある。
by musapoo | 2014-03-29 16:20 |  ├特別な富士山
  :::: カタクリ ::::::::
b0064396_16121757.jpg


遠くからでも僕はいつも応援している。
by musapoo | 2014-03-29 16:12 |  ├萌え出ずる時(済)
  :::: 木蓮と桃 ::::::::
b0064396_1635041.jpg


雨の日の夕方。
by musapoo | 2014-03-29 16:08 |  ├花のある風景(済)
  :::: 白比べ ::::::::
b0064396_20554627.jpg
モクレンと富士山。
なぜ真冬の富士山はささくれたような雪の姿なのに
春の富士山にはびっしり雪があるのかようやく分かった。
単純に風が弱いからだ。
真冬の富士山は猛烈な北西の風に煽られて雪が吹き飛ばされてしまう。
でも春はそうではない。

よく見なくても雪の下のほうが暗くなっている。
これは雪解けが進んでべったりと湿った雪になっているからだと思う。
春が登っていく。
そんな気がしてならなかった。





by musapoo | 2014-03-28 20:59 | 山┬Fuji