ブログにアップするために撮るのもいいけれど、アップしたい写真が撮れたからアップするというスタンスに切り替えてから、深淵を彷徨ってます。
by Musapoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 ├ブナ
 └夢は枯野を駆け巡る
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
細道
at 2018-02-19 19:30
始まり
at 2018-02-18 18:27
畦道
at 2018-02-17 19:58
別れの一本杉ではないけれど
at 2018-02-15 17:55
雪はないけど
at 2018-02-11 17:33
もうすぐ花に満ちる
at 2018-02-09 21:30
枯れ野
at 2018-02-08 17:20
道端には今も昔も石神仏が
at 2018-02-07 19:50
近所で1番昔っぽい道
at 2018-02-06 22:11
春を待つ土手
at 2018-02-05 18:15
雨露をしのいだかも
at 2018-02-02 18:09
人里の気配があるもの
at 2018-01-31 16:48
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1123)
(679)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(200)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(107)
(106)
(104)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: タグ:5DII+OM55/1.2 ( 106 ) タグの人気記事 ::::::::
  :::: 雪はないけど ::::::::
b0064396_17282452.jpg


篠竹というのはけっこう使う
だから畑と林の境界には
こうして篠竹を育てているところがある
僕の原風景の一つかも知れない






by musapoo | 2018-02-11 17:33 |  └夢は枯野を駆け巡る | Comments(0)
  :::: もうすぐ花に満ちる ::::::::
b0064396_21291934.jpg



今は枯れ果てているけれど





by musapoo | 2018-02-09 21:30 |  └夢は枯野を駆け巡る | Comments(0)
  :::: 道端には今も昔も石神仏が ::::::::
b0064396_19484419.jpg



久しぶりにここに来た






by musapoo | 2018-02-07 19:50 |  └夢は枯野を駆け巡る | Comments(0)
  :::: 近所で1番昔っぽい道 ::::::::
b0064396_22073537.jpg



舗装されていない農道







by musapoo | 2018-02-06 22:11 |  └夢は枯野を駆け巡る | Comments(0)
  :::: 春を待つ土手 ::::::::
b0064396_18075592.jpg



このあたりから
撮影と現像の仕方が変わった
枯れ野に対する意識の変化











by musapoo | 2018-02-05 18:15 |  └夢は枯野を駆け巡る | Comments(0)
  :::: 雨露をしのいだかも ::::::::
b0064396_18043057.jpg




江戸時代にもこういう小屋はあったと思う
旅人の中にはこうした小屋の屋根の下で
雨露をしのいで一夜を明かしたりしたかも知れない

そう思ってみたけれど
でも藁の置き場にはネズミが巣を作りやすい
ネズミがいればノミだっている
一晩で体中痒くなってしまうだろう

だから旅のプロは
こういうところでは寝ないのではないだろうか・・・










第2回プラチナブロガーコンテスト



by musapoo | 2018-02-02 18:09 |  └夢は枯野を駆け巡る | Comments(0)
  :::: 人里の気配があるもの ::::::::
b0064396_16454372.jpg




芭蕉の生きた時代には
電信柱はないけれど・・・








第2回プラチナブロガーコンテスト



by musapoo | 2018-01-31 16:48 |  └夢は枯野を駆け巡る | Comments(0)
  :::: 夢は枯野を駆け巡る ::::::::
b0064396_19274796.jpg




 11月の終わりに芭蕉の辞世の句とされる「旅に病んで夢は枯野を駆け巡る」の”枯れ野”とはどんな物なんだろうかという疑問から撮影は開始されました。51才にして他界した芭蕉が、「私の夢見た枯れ野はどんなものか思い描いて御覧なさい」と投げてよこしたような感じでした。私はすでに芭蕉の永眠した年を越して、すでに2年が過ぎています。年はとっても私はまだ芭蕉のように枯れていない状態です。だから、はたして芭蕉の夢見た枯れ野がどんなものかを見出せるのだろうか、そして、俳句で言葉として編み込まれた”枯れ野”を写真というと表現方法で表せるのだろうか、自分に課したテーマは私にとっての挑戦でもありました。

 まず、”枯れ野”と言えば枯れた草を容易に思い浮かべることができます。死を悟った芭蕉が、自分の姿を枯れ草と重ねたのではないかと考え、枯れ草を主体とした写真を撮り進めました。でも、何かが違う。私の中の”枯れ草”または”枯れ野”は”死”そのものではないのです。夏に茂った姿の名残であり次の芽生えの温床となる姿を感じるのです。だから、霜に焼かれてへなへなになってしまった”死”としての姿は撮れませんでした。

 次に、目をつけたのが下5句の”駆け巡る”にこめられた力強さです。彷徨うのではなく”駆け巡る”なんです。自分の意思で動き回る様を思い浮かべることができます。死を間際にした病床にあっても、まだ旅を続けたいという芭蕉の強い気持ちを感じます。また、どれだけ歩いてもびくともしない若かったころの自分の姿を描いていたのかも知れません。病は冬と同じで春が来ればまた命が吹き返すように、病が治れば再び旅に出ようと夢見ていたのではないでしょうか。ならば、”枯れ野”とは一時の仮の姿であり、そこには次の生命を含んでいる景色ではないでしょうか。だから、寒々とした命が全て死に絶えてしまったような景色ではないということになります。

 芭蕉のこの句に関する文献をいくつか当たっていくうちに、この句は辞世の句ではないという説があることが分かりました。芭蕉自身がまだ辞世の句としたくないという意思表示が添え書きされているということです。つまり、芭蕉は病が治れば旅にまたでようと考えていたということです。私の根拠のない憶測は、あながち的外れな方向ではなかったと言うことが分かりました。

 ならば、あとはそれを写し込むだけです。しかし、現在、諸事情で充分な撮影時間を確保できていません。あとどれだけの”枯れ野”を撮れるか分かりません。もうすぐ暦の上では立春をむかえ、木々や草の花が咲き誇る季節がやってきます。そうなると”枯れ野”とはほど遠い景色になってしまいます。それまでの間に撮れるだけ撮っていこうとは思っています。



 なお、余談ではありますが、この投稿の写真はまだ明確な方向が出せない状態で撮影した物です。「旅」なんだから歩く道が入っていた方が良いかも知れない、と思い踏み跡が残る枯れ野を選んで撮影した物です。しかし、場面としては良いのかも知れませんが「再び駆け巡る」という意味からはほど遠い物になってしまっています。








第2回プラチナブロガーコンテスト



by musapoo | 2018-01-29 20:58 |  └夢は枯野を駆け巡る | Comments(0)
  :::: ぼんやりとしていてとしていてあいまいな、、、、 ::::::::
b0064396_15250819.jpg



休日は身体を休めることに専念
カメラを持ち出せるほどの気力と体力がない









第2回プラチナブロガーコンテスト



by musapoo | 2018-01-22 15:30 |  ├Lake
  :::: 2ヶ月経って ::::::::
b0064396_20283491.jpg



撮った当初はそれほどでもないと思った。
でも時間がたっても不思議と飽きがこない。
「それほどでもない」というレベルを
ずっと維持し続けている。
これって凄いと思う。
でも逆もある。
始めはとってもいいように思うけれど
時間がたつと何だかなぁという写真。
どちらかというとそんな写真ばっかのような
気がしないでもない。









第2回プラチナブロガーコンテスト



by musapoo | 2018-01-13 20:33 | 命┬In the Forest | Comments(0)