できるだけ大きな画面で見ていただけると嬉しいです。大きい画面だとアラも目立ちます。でも写真の中に吸い込まれるような感覚を味わえるかも知れません(^_^ა)
by Musapoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 ├ブナ
 ├夢は枯野を駆け巡る
 ├刹那に 2018
 └水田2018
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
かえで
at 2018-07-06 19:01
森深く
at 2018-07-01 16:55
at 2018-06-30 21:19
五里霧中
at 2018-06-28 15:18
そう こんな感じ
at 2018-06-27 19:50
水田とKトラ
at 2018-06-26 18:08
ちょっとブレイク
at 2018-06-25 19:26
この紫陽花なんだけど
at 2018-06-22 20:45
これはウチの
at 2018-06-19 15:57
紫陽花
at 2018-06-17 05:39
近所の水田
at 2018-06-16 21:09
夏雲と水田
at 2018-06-13 20:44
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
*Photo Garden*
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1144)
(704)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(200)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(112)
(107)
(105)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: EF28-135mm ::::::::
なんでまた、評判のぱっとしないズームレンズを、
それも中古で手に入れることになったのか。
う〜ん、いまだに自分自身に???である。

とりあえず自分なりにまとめてみたい。

このレンズを購入するにあたっては、
自分としても納得詰めで決定した訳ではなく、
ちょっとした勢いで決めてしまった。
買い方としてはいい買い方ではない。

でも、「これしかないよな」という思いもあった。

現在、販売されている標準ズームは、
純正を含めて数えきれないほどある訳ではない。
これまでにも触れてきたけれど、
僕が一番必要としているのは35-85mm程度の低倍率の物でいい。
それでF2.0や2.8だったら悩まず購入に走るだろう。
でも、それが存在しない。

暗いけれど画角的に近い28-105mmというのがある。
昔、EOS-55を購入したときについてきたレンズだ。
実際に使ってきたし、
OlympusのE-1で換算して同じ焦点範囲のズームも使ってきた。
画角的に使い勝手は悪くない。
でもあとちょっと望遠側が欲しいと感じるときがあった。
その上、このレンズ、だいぶ乱暴に使ってきたせいで、
肝心なときに失敗したことがあり、
信頼感がなくなってしまった。
だから、同じズームを買い替える気にはなれない。

まだもやもやした状態だったけれど、
時間が空いたときにカメラショップを回ってみた。

店頭に並んでいるレンズは、
どれもズーム比が高倍率のものばかりだ。
広角側も望遠側も
「そこまではいらないよ」
というものばかりだ。
まぁ、あってもいいんだけど、持て余してしまうことは間違えない。

ズーム2本体制というのも有りだけど、
あくまでもメインはMF単焦点レンズのため、
ズーム2本はきつい物がある。
その上、資金がない。
ズームでメインレンズとなりうるものは、
高価でとても手が出ない。

今回、僕が手に入れたかったのは、
家族や仕事で、ちょこちょこ撮るためのレンズだ。
レンズを替える手間もなく、
ピント合わせもお任せできるAFズーム。
できれば標準域を中心に望遠側にも広角側にもバランスのいいもの。
28-105mmは全然見かけない。
でも、28-135mmが1本目の前に出てきた。
未使用のアウトレット品。

MF単焦点では35mmと85mmの2本か、
28mm50mm135mmの3本で気持ちよく撮っている。
だからその焦点距離をカバーできるのは、
たぶん、このレンズしかないのだ。

暗いし甘いし流れるしボケないし、
絵作りの側面では、大して期待できる訳ではないけれど、
でも、瞬間的な撮影にはもってこいのレンズであることは間違えない。

とりあえず、単純なスナップにはこの1本。
それに加えてちょっといい写真もねらうなら、
35mmと85mmの2本か50mm1本を一緒に持つ。

そう、狙いは家族旅行セット。
撮影旅行ではない。

それにしても、
35-85mmのF値固定の明るいズームレンズをどこか作ってくれないだろうか。
単焦点並みの画質とボケを堪能できるマニアックなレンズを。


追記+.・*.・+.°∴´:.・¨∴*.+°.・*.+∵。+.・2010.1.11
なんと、このレンズ、部屋を片づけている時にフローリングへ直撃。
レンズにヒビこそは入らなかったけれど、
ズームが28から50mmのところまでしか効かず、
ピントも外れてしまっている。
たぶん、これだけのダメージを与えたことは、
僕のカメラ人生の中で初めての経験だ。
奇跡的に、僕はカメラやレンズを落とすということがなかった(2度倒すことはあったが)。
だから、頭の中が真っ白になるほど悔しかった。
手に入れた目的を順調にこなし始め、
ようやく僕が馴染んできたころだったのでなおさらだ。

修理にどのぐらいかかるだろうか・・・。
修理をしてこれまで通り不安なく使えるだろうか・・・。
運動会でも難なくこなせる他のレンズに乗り換えようか・・・。
思案に暮れる日が続いている。

5DIIでの作例はこちらから
by musapoo | 2009-08-04 00:06 | Item | Comments(0)
<< 夏休みの宿題1 梅雨明け 収穫 >>