できるだけ大きな画面で見ていただけると嬉しいです。大きい画面だとアラも目立ちます。でも写真の中に吸い込まれるような感覚を味わえるかも知れません(^_^ა)
by Musapoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 ├2013富士見高原
 └2018安倍峠
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 ├ブナ
 ├夢は枯野を駆け巡る
 ├刹那に 2018
 └水田2018
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
全山紅葉4
at 2018-11-16 20:47
全山紅葉3
at 2018-11-14 22:02
全山紅葉2
at 2018-11-13 18:54
全山紅葉1
at 2018-11-12 22:04
コスモス5
at 2018-10-27 18:55
コスモス4
at 2018-10-25 21:30
コスモス3
at 2018-10-24 22:03
コスモス2
at 2018-10-23 20:43
山並
at 2018-10-21 09:25
森の中に佇んで3
at 2018-10-12 21:46
森の中に佇んで2
at 2018-10-11 18:56
森の中に佇んで1
at 2018-10-09 21:44
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
*Photo Garden*
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1147)
(710)
(463)
(399)
(237)
(225)
(202)
(202)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(112)
(107)
(105)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: 火鉢の準備 ::::::::

#0335
b0064396_2084131.jpg


もみ殻を燃した後の灰を
篩にかけている
燃え残った炭化したもみ殻を取り除き
きれいな白い灰だけにする
これが火鉢の灰になるのだ
by musapoo | 2005-09-28 20:17 |  ├Farmer | Comments(18)
Commented by kumoha42001 at 2005-09-28 20:33
いい場面です。 シャッタータイミングがバッチリですね。
うつむき加減のシルエットで、背中に陽が当たり最高です!
Commented by musapoo at 2005-09-28 20:50
>kumohaさん、ありがとうございます。
そう言っていただいて嬉しいです。
順光と逆光、どちらからも撮りましたが、逆光の方が雰囲気がよくてこちらにしました。
Commented by koya1484 at 2005-09-28 21:25
確かに、いいタイミングですね。
光のあたり方、灰の上がり方。
いいです。
Commented by xoanon at 2005-09-28 21:48
火鉢の灰ってこんな風にして作られるのですか。
籾殻も最後まで役に立って、
無駄にならないのですね~(^^)
Commented by biwakokayo4 at 2005-09-28 21:50
私もこういう風に作られるとは知りませんでした。
丁寧に作っていらっしゃる背中に当たる光や
煙が印象的です。
Commented by unnsai5 at 2005-09-28 22:31
いいですね。光の具合が素敵です。義母と同居しているときは火鉢があり、灰をかき混ぜていましたが、作り方まで考えたことがありませんでした。
Commented by kaho_nomi_2 at 2005-09-29 00:23
素敵な場面ですねぇ。初めて見まして、感動しています。
Commented by momo30019 at 2005-09-29 00:34
皆さんと同じで、とても雰囲気のある場面だと思います。
光の取り入れ方が、絶妙ですね。

以前(20数年前)、義理の母が炬燵に使う灰を作っていました。
それは、藁を燃やして作っていました。藁灰は、火が長持ちすると言っていたかな。・・
こんな暖かい火に、囲まれる幸せは、今では貴重な物になりましたね。
Commented by snow_526 at 2005-09-29 20:17
灰を火鉢に入れるなんて知らなかった。もうすでに冬支度がはじまっているんですね。季節の移ろいを感じます。
Commented by musapoo at 2005-09-29 20:28
>koyaさん、ありがとうございます。
煙の上がるのが逆光の方が印象的で、こちらにして良かったです(^。^)
Commented by musapoo at 2005-09-29 20:34
>xoanonさん、ありがとうございます。
昔から伝わることって無駄がないことが多いと感じます。
火鉢を使っている家自体ほとんどなくなりましたが、この近所に住む私から見たらお兄さんは、そういうことを大切にしている方で、思わず写真をとらせていただきました。
Commented by musapoo at 2005-09-29 20:37
>kayokoさん、ありがとうございます。
山に入る寸前の太陽の光です。季節的には秋の序の口なんですが、雰囲気は秋が深まった頃の雰囲気を出したかったです。
昔は至る所の山里でこういう風景が見られたのだと思います。
Commented by musapoo at 2005-09-29 20:40
>unnsaiさん、ありがとうございます。
実は私も灰は炭の灰が自然にたまったものだと思っていました(^_^;)
でも遠い記憶の中で30年も前に死んだ祖父がこんなことをしていたような気がしないのではないです。
Commented by musapoo at 2005-09-29 20:43
>kahoさん、ありがとうございます。
私のような田舎は、ワンダーランドのような物かも知れませんね(^_^;) 細々と息づく昔の風景。それを受け取ってくださる方がいて、ブログを始めて良かったなと、ほんとに思います。
Commented by musapoo at 2005-09-29 20:48
>momoさん、ありがとうございます。
3歳頃まで、私の家は炭火の炬燵でした。その後練炭に代わり、そして電気になりました・・・そう言えば、仏壇の線香を立てる灰を藁で作っていたような気もします。
炭火にあたるって顔を突き合わせる訳ですので、人とのつながりが今よりもずっと近かったのでしょうね。
Commented by musapoo at 2005-09-29 20:50
>snowさん、ありがとうございます。
冬支度という言葉を使っていただいて嬉しいです。
季節を跳び越してしまっていますが、そんなイメージを持ちながら撮りました。
Commented by のりおくん at 2005-11-12 09:21 x
初めまして、のりおくんと申します。
ブログ拝見しています、とても雰囲気ある奥深い写真だと思いました。生意気を言ってすいません。
Commented by musapoo at 2005-11-12 16:33
>のりおさん、ありがとうございます。
遡って見ていただき嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。
<< かつては必需品 彼岸花 >>