できるだけ大きな画面で見ていただけると嬉しいです。大きい画面だとアラも目立ちます。でも写真の中に吸い込まれるような感覚を味わえるかも知れません(^_^ა)
by Musapoo
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 ├ブナ
 ├夢は枯野を駆け巡る
 ├刹那に 2018
 └水田2018
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
紫陽花
at 2018-06-17 05:39
近所の水田
at 2018-06-16 21:09
夏雲と水田
at 2018-06-13 20:44
地味だけど
at 2018-06-12 21:28
山と水田
at 2018-06-11 15:14
水田
at 2018-06-10 11:05
at 2018-06-09 17:35
アカバナユウゲショウ
at 2018-06-08 21:04
同じ紫陽花
at 2018-06-05 13:58
ようやく紫陽花
at 2018-06-04 18:06
水無月
at 2018-06-03 21:47
庭のポピー
at 2018-05-30 20:15
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
*Photo Garden*
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1144)
(696)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(200)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(112)
(107)
(105)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: <   2011年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧 ::::::::
  :::: 春の空気 続編 ::::::::
b0064396_20112981.jpg


同じ所に行ってまたチャレンジした。
道路に寝ころんで撮ったりもしたけれど、
結局、今回はこのアングルに落ち着いた。
濃厚な春の空気とは違った空気感。
空気と言うよりは枝を抜ける風のイメージに近い。
背景の川のボケはもう少し少なかった方が良かったかもしれない。

前回はこの桃(梅?)
by musapoo | 2011-02-28 20:16 |  ├In the Garden
  :::: こういうのが好きなんだ ::::::::
b0064396_13521094.jpg


歩いていくと道の一段下がったところに、
ボサッとしたやぼったい梅の木があった。
でも、道の上の土手に上ってみてびっくり。
なかなか立派な梅に見える。
これだから歩き回るのがやめられない。
この日はこの梅の写真を撮れただけで満足だった。
by musapoo | 2011-02-27 14:17 | 山┬Fuji
  :::: 桃と春の富士山 ::::::::
b0064396_16112919.jpg


以前自転車で走り回って見つけた桃の木。
ふと思い出して車で出かけてみた。
どうも一部では有名な桃らしい。
主要道路からかなり外れたところなので、
ここを知らなければ見つけられないところなんだけど、
僕が出向いた時にはすでに3名のカメラマンがいた。
立ち替わり入れ替わり来ている感じだ。
その時点で僕のテンションは下がってしまった。
でも、まぁ来たからには撮っていこうと思って撮ったのがこれ。

う〜ん、いいんだけど面白くない。
テンションが下がった状態なので、
構図も立ち位置もそれほど熱心にこだわっていない。
とにかく僕としてはここはこんな感じに撮る。
というかこんな感じにしか撮れない。

偏光フィルターでもつけて青空を暗く落とせば、
もっと印象的な写真になるかもしれない。
でもせっかくの春霞だ。
春の空はこんな風に優しい。
眠ったい空だけどそれはそれでいい。

とは言うものの、
ここに来て必ず撮れるとは限らないので、
花の精、風の精に感謝。
by musapoo | 2011-02-26 16:22 | 山┬Fuji
  :::: 僕の最強ペアーで撮る六地蔵 ::::::::
Distagon 35mm F1.4
b0064396_19574955.jpg


Planar 85mm F1.4
b0064396_1958263.jpg



35mmと85mの違いを比べたってあまり意味はない。
でも僕が今感じている二つのことを説明するには、
この二つの焦点距離で撮影した写真が必要かもしれない。

レンズについて
by musapoo | 2011-02-25 20:53 | Comparison
  :::: 梅からちょっと離れて大根 ::::::::
b0064396_1845619.jpg


大根の季節ではない。
多くの大根は抜かれて人の口にはいっている。
もしくは漬物樽の中か。
畑に残された大根は、
あとは家族が食べるためにある感じだ。
先日の雪で葉もしおれてしまった。

製品としての瑞々しい色の葉ではないし、
ピチピチの足のような実でもない。
でも僕はこの大根の味を、
口いっぱいに思い出すことができる。

そこに春の花が咲き始め、
ちょっとセンチメンタルな気分で撮って見た。
けっして見た目だけでは美しいとは言いない場面だけど、
でも規格外の土の温もりはを封じ込められたのではないかと、
一人ほくそ笑んでいる。
by musapoo | 2011-02-24 18:55 |  ├With Soil
  :::: 透明人間がいた畑 ::::::::
b0064396_17261624.jpg


先日、「透明人間が水を上げているような写真」と見ていただいた畑。
春が来て菜の花が咲いて梅が咲いた。
殺風景だった畑が一気に華やいだ。

透明人間のいた畑はこちら
by musapoo | 2011-02-23 17:28 |  ├花のある風景(済)
  :::: 小屋の前の梅 ::::::::
b0064396_1933976.jpg


花を撮る時、
その花だけをクローズアップする撮り方が苦手だからかもしれないけれど、
僕はこれまで風景としての花写真を多く撮ってきた。
たとえば二日前にアップした畑の梅に木だ。
風景の中にある花。
遠目から見た花。
でも、昨日の写真のように寄ってとる時もある。
寄ると言っても昨日ぐらいが限界。
まぁ、標準の一番寄ったぐらいだろうか。

では、今日のは。
うん、その中間を狙った。
風景も主題の一つにしながら、
花を寄り目に撮る。
広角で寄る撮り方だ。

最近、ちょっとその撮り方が気になっている。
たぶんこれまでも撮っていたと思うけれど、
改めて意識して撮り始めている。
by musapoo | 2011-02-22 20:35 |  ├In the Garden
  :::: 春の空気 ::::::::
b0064396_1975616.jpg


こんな感じで撮りたいけれど、
これは自分としてはまだ不完全。
あとちょっとといった感じだ。

狙いは暖かなほんわかした感じ。
だからオーバー気味にしたけれど、
梅の花が完全に飛んでしまった。
まぁ狙いとしての柔らかい春の空気感はでている。
それから枝の方向性をもう少しそろえたかった。
そろえようとしたけれど、
この場ではこのアングルが一番だった。

撮れるかどうか分からないけど、
このイメージは忘れずにいたい。

ちなみにこれは梅なんだろうか。
梅だと思って撮ったけれど、
もしかしたら桃なのかもしれない。
by musapoo | 2011-02-21 19:19 |  ├In the Garden
  :::: 今日はもう一枚 ::::::::
b0064396_19105199.jpg


これは昨日の写真。
昨日の曇り空の下、
風景としての梅の花を撮りたかった。
しっとりとしたいい感じの色調だ。
狙いとしては悪くないと思うけれど、
畑の竹が強くてバランスを崩してしまっている。
でも、この場ではこうするしかなかったと、
自分に言い聞かせているけれど・・・(^_^;)
by musapoo | 2011-02-20 19:16 |  ├花のある風景(済)
  :::: 梅と富士山 ::::::::
b0064396_12241981.jpg


今日の撮り下ろし。

黒モップに顔をかじられて目が覚めた。
彼はトイレに行きたくて僕を起こしたらしい。
ベランダに通じる窓を開けると、
喜んで跳び出していった。
そして外を見ると久しぶりに青空が広がっていた。

まだもう一寝入りしてもよかったけれど、
今日は夕方からまた雨が降るらしいので、
富士山が見られるのは朝のうちだけだと思ってでかけた。

以前の通勤路の途中にある梅の木。
上に向かって伸びていく梅の特徴を活かしたくて、
こんな感じに撮って見た。
うん、いい感じだ(^_^)

1時間ほどウロウロして家にもどると、
かみさんが驚いていた。
僕はまだ布団の中にいると思っていたみたいだ。
by musapoo | 2011-02-20 12:43 | 山┬Fuji