できるだけ大きな画面で見ていただけると嬉しいです。大きい画面だとアラも目立ちます。でも写真の中に吸い込まれるような感覚を味わえるかも知れません(^_^ა)
by Musapoo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
作品集のお知らせ
カテゴリについて
命┬In the Forest
 ├Timberline
 ├In the Field
 ├In the Park
 ├In the Garden
 ├Our Garden
 └Animal
人┬Human Works
 ├Dear Time
 ├With Soil
 ├Paddy Field
 ├Farmer
 ├Piece of Town
 ├Go to the Road
 ├Bushi-Do
 ├Prayer
 └Old Style
山┬Fuji
 ├Mt around FUJI
 └Other MT
水┬Water
 ├River
 ├Lake
 ├Sea
 └Mist・Cloud・Rain
光┬Light & Shadow
 └Night・Star
物┬Silent Things
 ├トタン
 ├つなぐ(送電線の旅)
 ├石垣
 └Mysterious
影─B&W
Comparison
From Mobile
Before Blog
Idle talk
旅┬2005土肥
 ├2005富士登山
 ├2005宮崎
 ├2006横浜
 ├2006信州・飛騨
 ├2006広島
 ├2007静岡
 ├2007富士登山
 ├2008新潟
 ├2008土肥
 ├2008興津・由比
 ├2008本栖湖
 ├2009新潟
 ├2009久能・御前崎
 ├2009山梨
 ├2009蒲原
 ├2009横浜
 ├2009北海道
 ├2009興津
 ├2010久能・由比
 ├2010青島(藤枝)
 ├2011熱海
 ├2011伊豆堂ケ島
 ├2011上野公園
 ├2011国道299周辺
 ├2011下呂
 ├2012芦川
 ├2012押上・浅草
 ├2012京都
 ├2013京都
 └2013富士見高原
シリーズ
 ├Natural rhythm(済)
 ├双体道祖神(済)
 ├水の姿・心の形(済)
 ├萌え出ずる時(済)
 ├花のある風景(済)
 ├花の紋章(済)
 ├特別な富士山
 ├人と木々
 ├言葉を添えて
 ├山里
 ├水の姿2
 ├不規則な規則
 ├花園
 ├花のある風景Ⅱ
 ├脳内画像
 ├二人で過ごした午後
 ├愛おしき里
 ├ブナ
 ├夢は枯野を駆け巡る
 ├刹那に 2018
 └水田2018
Illustration
Message
Item
PhotoMovie
Reference
MUSAPOO外
kujaja.com PhotoBook
MusapooとAir-Eye
最新の記事
かえで
at 2018-07-06 19:01
森深く
at 2018-07-01 16:55
at 2018-06-30 21:19
五里霧中
at 2018-06-28 15:18
そう こんな感じ
at 2018-06-27 19:50
水田とKトラ
at 2018-06-26 18:08
ちょっとブレイク
at 2018-06-25 19:26
この紫陽花なんだけど
at 2018-06-22 20:45
これはウチの
at 2018-06-19 15:57
紫陽花
at 2018-06-17 05:39
近所の水田
at 2018-06-16 21:09
夏雲と水田
at 2018-06-13 20:44
記事ランキング
**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

その他のMUSAPOO

.ღ.

さらに選りすぐった作品を500pxにて公開中

.ღ.

Hirokazu Musashi



.ღ.




.ღ.


シーラカンスは深淵をゆく
(Twitterでは呟き切れない言葉のブログ)


.ღ.

ღ¸.•*作品や機材について*•.¸ღ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

開店休業中


.ღ.

写真素材
写真素材のピクスタ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**

kujaja.com
(ドイツのkujajaさんの写真で世界に貢献しようとするアクションに賛同した写真家集団の投稿サイト)


**•.ღ.•**

ブログランキング・にほんブログ村へ
.ღ.
blogram投票ボタン
.ღ.
ブログランキング
.ღ.
人気ブログランキングへ

**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**



**•.ღ.•**•.ღ.•**•.ღ.•**





フォロー中のブログ
琵琶湖から-3
小さな手紙
プチ撮り福岡そしてスケッ...
猫と6ペンス
nakajima aki...
純さんのスナップショット...
くんコレ
古本と陶芸 あれやこれや・・・
MIRU'S PHOTO
Human Life
KAHO's Photo...
ちゃらんぽらんな迷宮
-ふらり自由人-
何でもかんでも1日1枚!-2-
花と風景 Photo blog
annyostyle
パリ近郊のカントリーライフ
M2_pictlog
masako imaok...
a moment
R-ips
大空と大地の間で・・・
◆Akira's Can...
風景写真出版からのおしらせ
*Photo Garden*
小さな風を感じて
風景写真家 山下茂樹のフ...
Live Under M...
からくり時計 Photo...
memory
for me
◆Candid Phot...
きゃめら片手に
外部リンク
タグ
(1144)
(704)
(460)
(398)
(237)
(204)
(202)
(200)
(193)
(155)
(126)
(126)
(124)
(116)
(112)
(107)
(105)
(82)
(68)
(68)
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
検索
ブログジャンル
  :::: タグ:EF24-70/2.8L USM ( 204 ) タグの人気記事 ::::::::
  :::: 茅葺き ::::::::
b0064396_11223516.jpg


保存されているわけではなく、
今でも生活がここに息づいている。
西日が差し込み、
クワを担いだおじいさんが、
庭に入ってきそうな家だった。


+.・*.・+.°∴´:.・¨∴*.+°.・*.+∵。+.・
ここ数回、ズームレンズでの撮影が続いている。
ズームレンズはほんとに便利だ。
いろいろな場面に対応できる。
ズームレンズをバックに入れているだけで、
撮りたいと思う被写体が多くなったような気がする。
当たり前といえば当たり前なんだけど、
この便利さに甘えていると、
自分を見失ってしまうのではないかと心配になる。

その場に立ってファインダーを覗く。
覗くともっとアップにしたくなったり、
もっとワイドに撮りたくなったり・・・。
ズーミングによる視角の変化は刺激的なのだ。

予想はできていた。
だからそうならないためにも、
どこまで入れるか考えながら立ち位置を決めて、
そして構える。

特に僕がメインとしている風景写真では、
ズームの役割は大きく撮ったり広く撮ったりするためにあるのではなく、
主役をとりまく背景の入る範囲を変化させることとしたい。
そう自分で規定して構えることで、
単焦点で撮っているいる時と同じような感覚で撮れるような気がする。

と言いながら、基本の水平がとれていない(T_T)
by musapoo | 2010-01-31 11:52 | 人┬Human Works | Comments(2)
  :::: 真夜中に ::::::::
b0064396_18221459.jpg


子どもと一緒に9時に寝た。
当然のように夜中に目が覚めてしまった。
この日は風呂にも入らず布団に入っていたため、
ゴソゴソと起き出して風呂に入った。
風呂に入ると目がすっきりと覚めてしまって、
丑三つ時に家の中をうそうそと歩き回る。
飲み物とつまむ物を見つけてしばらくぼんやりと。

そして外へ出るとこんな場面が待っていた。
何年か前に同じような場面をアップしている。
その時とはまた違った気持ちでシャッターを押す。

+.・*.・+.°∴´:.・¨∴*.+°.・*.+∵。+.・
それにしてもだ!!
今日ほど悔しい日はなかった。
まず朝のことだった。
出勤時に見た富士山は、
朝日の中で雪煙のベールをまとった
冬の荒々しい姿だった。
でも、車を停めるスペースがなく断念。
そして夕方。
出先から職場にもどる時、
これまた夕日に赤く染まった力強い富士山。
今度は車を停めるスペースを見つけて、
レンズをつけて外に出る。
そして電源を入れて愕然とした。
CFが無い!!
昨日の夜、データをPCに入れるため外したままだった(T_T)

撮りたかった富士山を、たった一日で2つも撮り逃してしまった。
CFを入れ忘れることは年に数回あるけれど、
こんなに悔しい思いをしたのは久しぶりだ。
by musapoo | 2010-01-29 18:40 |  ├Dear Time | Comments(2)
  :::: 夕闇の富士山 ::::::::
b0064396_1941982.jpg


出先から職場にもどる時は五時半を過ぎていた。
日が長くなったとは言え、
霧と雲に覆われてあたりは薄暗かった。
走っていくと霧の切れ間から富士山が顔を出した。
慌てて車を停めてカメラにレンズを付けて外に出ると、
富士山はまた霧の中へ。
う〜ん、撮りたかった。
撮れないとなおさら撮りたい気持ちが強くなる。
レンズをつけたままバックに差し込み、
車をまた走らせる。
しばらくしてまた顔を出した。
三脚を積んでいたけれど急いで撮るために手持ちで撮影。
ISO3200でSS1/60。
そして、この粒状!!
昔の高感度フィルムのような雰囲気。
でも色合いは悪くない。
次があるかどうかは分からないけど、
今度は三脚を使って狙って見たい。
場所は覚えた。
夏のヒマワリ畑の近くだ。
by musapoo | 2010-01-28 19:23 | 山┬Fuji | Comments(0)
  :::: チビ金魚 その後 ::::::::
b0064396_20584391.jpg


黒が入った金魚たち。
日が経つにつれだんだん色が変わってきて、
ついに黒が消えてしまった。
縁取り金魚もちょびひげ金魚も、
みんなよく見る赤い金魚になった。
遺伝的に何かあったわけではなさそうだ。

水槽にレンズを向けて3枚だけ撮った。
3枚撮って、金魚の配置が一番よかったのがこれ。
バラバラよりもリズミカル・・・じゃないかって思った。

でもガラスが汚れている。
週末には水槽の掃除をしてあげないと・・・。

今日、仕事をしている時、
「これは撮りたい」と思うような場面に出会った。
午後のミーティングが終わった時だ。
でも、撮るのは断念。
明日撮れるかというとそれは無理。
きっと月はそこにはない。
by musapoo | 2010-01-27 21:17 |  ├Dear Time | Comments(2)